がんばらないで太ももを細く! がんばらないで太ももを細く!

【動画あり】がんばらないで太ももを細くする!しなやかな筋肉をつける方法

2016.08.02 痩身/ストレッチ・エクササイズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
太ももを細くしようと筋トレをして失敗したことはありませんか?筋トレをすると大きな筋肉が肥大して太くなってしまいます。ダンサーやイチロー選手は、どうやって細くても強靭な筋肉を手に入れているのでしょう?今日は、がんばらずに太もも痩せが叶うエクササイズをご紹介します。

細くてもしなやかな筋肉をつくるために

筋トレをすると大きな筋肉が肥大して太くなってしまいますね。実は、あまり知られていませんが、ねじりながら動かすと、太くならないのです。ねじりながら動かすと、たくさんの筋肉がバランスを取りながら動くことになります。そうすると、弱い筋肉から強化されるので太くならないのです。さらに、神経が細かい筋肉にまで行きわたるので、使える筋肉が増えます。

脚のイメージ

筋トレのように同じ筋肉を繰り返し使う運動を行うと、その筋肉だけが太くなります。問題は細かい動きの制御がむずかしくなること。

むやみに気合いで筋トレをすると、余計な筋肉が増えて、逆に筋肉のバランスが崩れてしまいます。一般的な筋トレは男性がマッチョになるため、筋肉肥大をするための方法なのです。細くてもしなやかな筋肉を持っているダンサーは、筋トレはしないのです。

▶▶▶【実践動画】がんばらない太ももセラサイズ

3000種類以上あるセラサイズの中から1つ、太ももに効くエクササイズをご紹介します。

1.椅子の背もたれなどに片手を置き、かかとをつけてまっすぐ立ちます。

2.上半身を引き上げて固定して(胸を張る感じ)、体幹が動かないようにして、かけた手と反対の足を斜め前に伸ばします。

3.膝と足首をしっかり伸ばして力を入れた状態で固めて、股関節から外側にねじります。足全体に力を入れたまま、骨盤は止めて、股関節からしっかりゆっくり、ねじってください。

4.股関節からねじりきった状態で足首をゆっくり曲げます。次に足首を指先までしっかりと伸ばします。この動きを10カウント繰り返します。足首が動いている間、ねじりのテンション(緊張)を抜かないように気を付けて、ゆっくりと同じ速さで滑らかに動かします。

5.次に内向きにねじって、テンションをかけて同じように行います。

6.椅子を反対に置き、逆の足も同様に。

ポイントをチェック!

・体と体幹は、しっかり止まっていますか?
・途中からねじりのテンションを忘れていませんか?
・曲げる時に膝の力が抜けていませんか?
・ゆっくり動いた方が脳にも筋肉にも刺激が入ります。


これらができていれば、足全体に刺激が入ります。いつでもできますので、お試しを。気がつくと締まった綺麗な足になりますよ。むくみにも効果的です。夏はこれから!

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

(社)国際細胞活性協会 理事。

理事として表参道セラサイズ・スタジオの運営と、「動きの基準」を担当。

セラサ…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる