【動画つき】アラフォーからの「代謝アップ生活のために必要な15個のこと」~筋力、柔軟力、心肺機能UP編~ 【動画つき】アラフォーからの「代謝アップ生活のために必要な15個のこと」~筋力、柔軟力、心肺機能UP編~

【動画あり】アラフォーからの「代謝アップ生活のために必要な15個のこと」~筋力、柔軟力、心肺機能UP編~

2017.04.06 痩身/ストレッチ・エクササイズ
こんにちは!ヨガ&フィットネス講師でトータルヘルスケアトレーナーの山本華子です。数回にわたり、年々下がりゆく基礎代謝を放っておかず、体質を改善させながらも、基礎代謝を上げていくための具体的な方法をご紹介しています。今回は初の動画付きです!1日4分のパワーフローヨガで適度な柔軟性、筋力、心肺機能をつけましょう!

おさらい:基礎代謝を上げる15個の習慣

このシリーズで毎回書いてますが、基礎代謝を上げる方法として

◎内臓機能(特に肝臓)を上げる
◎血流&体温を上げる
◎ストレスに強くなる


が必要であり、具体的には、

1.腹八分の食事 
2.高たんぱく、低脂肪な食事 
3.アルコールやカフェインを控え目にする 
4.インスタント系の食事を控え目にする 
5.鉄分を摂る 
6.呼吸をコントロールする 
7.丹田力をつける 
8.身体を温める 
9.凝りや歪みを改善する 
10.適度な筋力をつける 
11.適度な柔軟性をつける 
12.適度に心肺機能を上げる 
13.物事を前向きに捉える
14.日々感謝する
15.足るを知る、身の丈を知る

これらをを習慣にするといいと、私の経験から思います。

その中でも今回は【筋力、柔軟力、心肺機能UP編】として、10~12も網羅する方法をご紹介します!

柔軟性、筋力、心肺機能をバランスよく高める

基礎代謝を上げるために、適度な柔軟性、筋力、心肺機能をつけることは必須です。

ストレッチで関節の可動域を拡げ、筋肉を柔らかく保つことで血流が上がりますし、筋力をつけることで身体の熱量が高まり、体温UPも期待できます。更に少し息があがるくらいの運動をすることで、心肺機能や呼吸力が高まり、それにより血流も上がります。大切なのはこの3つをバランス良く高めることです。

例えば、柔軟性はとても高いけど筋力が全くない…とか、筋力は人一倍あるが、身体がカチカチ…というようなアンバランスにならないように、3つを適度に高めるのがポイントとなります。

エクササイズのイメージ

4分動画で巡る&燃える身体作りを!

「柔軟性、筋力、心肺機能を高めるなんて時間もかかるし大変そう…」そんな風に思われる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回ご紹介するのがヨガの“太陽礼拝”という、流れるように動きながら身体を芯から目覚めさせ、ほぐしていく一連のポーズと、“パワーヨガ”という、足腰や体幹を鍛えるヨガをミックスさせた動画をご紹介します!

通常はもう少しゆっくり目に行いますが、今回は代謝UPバージョンとして心肺機能を高めるためにも、少し早めのテンポで動いていきます。

大きく呼吸をしながらダイナミックに動き、身体の柔軟性、筋力、心肺機能を高め、しっかり血流が巡り、内側から燃える身体を作りましょう!

終わりに…

いかがでしたか?これを毎日行うことで、筋力、柔軟力、心肺機能の体力の向上だけでなく、気力や精神力もついていきます。

次回はこのシリーズの最終章として、メンタル×基礎代謝アップについてご紹介いたしますね。お楽しみに!

Photo by 
  • fotolia
この記事をシェアする

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

アプリ美LAB.もっと快適に!

「読んで痩せる、キレイになれる」
ダイエット& 美容アプリの決定版!

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月後半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる