上向きバストをキープ!下垂を防ぐ簡単1ステップエクササイズ 上向きバストをキープ!下垂を防ぐ簡単1ステップエクササイズ
画像出典: fotolia

上向きバストをキープ♡下垂を防ぐ簡単1ステップエクササイズ

2018年08月31日
こんにちは、バスト美容家の中村ひろ美です。エイジングサインが現れやすいバストは、毎日の下着によるサポートとケアが大切です。それでも、楽な下着に逃げてしまったりケアを怠ってしまうことで起こるバストの下垂。今日は1ステップで簡単に取り組める、バストアップエクササイズをご紹介します!

バストの下垂は見た目年齢をも老けさせる

理想的なバストトップの位置は一般的に上腕(肩から肘)の真ん中と言われています。年齢に伴い位置は少しずつ下がってきますが、実年齢以上にバストの位置が低い女性が多くいらっしゃいます。その原因として考えられるのが、
・姿勢の乱れ
・ブラジャー離れ
・運動時のバストの揺れ
・バストの栄養不足
・女性ホルモンの乱れ

などになります。

バストの位置が低くなると、バストのシルエットはもちろんのこと、身体全体の印象が緩んで見えることから、実年齢よりも老けた印象をも与えてしまうのです。

バスト
画像出典: fotolia

バストの下垂が姿勢をさらに悪くする

さらに悪循環なことに、バストの下垂が気になり始めると、シルエットに自信がなくなることから、バストを隠すように姿勢が乱れ、姿勢の悪化による身体の緊張や弛緩、さらには呼吸が浅くなるなど自律神経の乱れから、女性ホルモンのバランス乱れへと負のスパイラルが始まってしまうと言われています。

毎日のちょっとした取り組みこそが最大のバストケアに繋がります

これらのことを改善しようとなにか大きなことに取り組むより、毎日のちょっとした意識こそが最大のケアへと繋がります。身体は日々変化するもの。一時の取り組みではなく、毎日の継続こそがエイジング予防となります。

バスト
画像出典: fotolia

1ステップ簡単エクササイズでバストを引き上げる!

1:肩の力を抜いて肘を肩の高さに挙げたら、両手の手のひらを合わせます

2:その姿勢からから息をゆっくり吸いながら、肘同士を合わせるように、中心へ寄せ、絞り上げるように肘の高さを挙げていきます。この時、肩に力が入って肩が上がってしまったり、首が縮こまらないように気を付けましょう。

3:引き上げた状態で2〜3秒キープしたら、息を吐きながらゆっくりと元の位置へと戻します。まずは1日10回を目安に行ってみてください。肩が張る場合は力が入りすぎていたり、無理に引き上げ過ぎている可能性があります。バスト上部へ意識を持ちながら無理ない範囲に変えてみましょう。

ストレッチ
画像出典: 美LAB.

ストレッチ
画像出典: 美LAB. 

さいごに…

また、過去に記事で紹介している『バストは「背中」で引き上げる!美背中から美バストを作るエクササイズと合わせて行うとより効果的です。

エクササイズの後は下着でバストをサポートして、美しいシルエットで胸を張って過ごしましょうね。

執筆者:
中村 ひろ美

LINE@で美LAB.を

友だち追加数