夏バテしやすい体を作ってしまうNG行動~ライフスタイル編~ 夏バテしやすい体を作ってしまうNG行動~ライフスタイル編~
画像出典: fotolia

夏バテしやすい体を作ってしまうNG行動~ライフスタイル編~

2018年08月07日
こんにちは。薬膳ライフバランスプランナーの倉口です。前回の記事では夏バテしやすい体になってしまうNG行動の~食事編~をお届けしました!今回の記事はライフスタイル編です。まだの方はぜひ前回の記事もあわせてご覧ください!では、ライフスタイル編スタートです!

NG行動・寝不足

夏は暑くて寝苦しくて寝不足になりがちですよね。しかも陽が長いのでついつい夜遅く活動してしまうこともあるかと思います。でも、夏バテしたくないなら沢山眠ってエネルギーチャージをしたいところ。

中医学の世界では気血水の3つで体が構成されていると考えています。気は私たちが生きていくために、必要な生命エネルギー。血は全身に栄養と潤いを与えてくれます。水は血以外の涙や汗などの、体に必要な潤いのことを言います。

夏はこの水が汗として体外に大量に出てしまいます。中医学の世界では水が減ると気が減ると考えますので、汗をかくと生命エネルギーの気も一緒に減ってしまい、元気が出ない、やる気が出ないなどの夏バテの状態になります。気血水は寝ている間に作られますので、睡眠時間になると失った水も補えないし、気も補えなくて悪循環。

寝具を肌触りの良いものに変えたり、パジャマを変えてみるなど寝やすい環境を整えてみて下さいね。

睡眠
画像出典: fotolia

NG行動2・シャワーばかりで済ませてしまう

暑くてついついシャワーばかりで済ませがちですが、夏場の体は意外と冷えているもの。

室内のエアコンに薄着、冷たい飲み物、食べ物・・・と体を冷やしてしまう要素が夏は実は沢山あるんです。表面上は暑くても体の中は冷えているので、シャワーだけではなく湯舟につかりましょう!

毎日は無理でも自分の中で「毎週金曜は湯舟につかる日」と決めておくといいですね♪

バスタイム
画像出典: fotolia

NG行動3・夏だからと言って夜更かしや予定を沢山いれすぎる

海に、お祭りに、飲み会に、ビアガーデンに、夜が涼しくて活動しやすいから夜更かししてDVDでも・・・そんな風に過ごしていると夏バテをしやすい。

1でも説明した気ですが、この気があることによって私たちは生きることできます。この気は運動のしすぎでも消耗してしまいますが、沢山スケジュールなどがあっていつもバタバタと動いていることでも消耗してしまいます。

夏は一年の中でも一番アクティブに動ける時期なので、ついつい楽しい予定を詰め込み過ぎてしまいますが、風鈴の音を聞きながら静かに涼んだりして体を休める時間も大切。

夜更かしですが、中医学の世界では自然の流れに沿って暮らすことを、大切にしていますので一年の中でも夏は少しだけ夜更かししても、いい時期ではありますが、0時を過ぎるまでの夜更かしは気が減ってしまうので避けたいところ。


NG項目に当てはまるなぁとどきっとした人は、少しずつでもいいので「NG行動を避けてみよう!」と意識してみてくださいね。

執筆者:
倉口 ゆうみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい