たったこれだけ!?膝下O脚の改善ストレッチ法!! たったこれだけ!?膝下O脚の改善ストレッチ法!!
画像出典: fotolia

たったこれだけ!?膝下O脚の改善ストレッチ法

2018年08月01日
膝下O脚が気になってスカートやスキニーが似合わない、なんて思っていませんか?その歪みは筋肉の使い方が悪いだけ!正しい方向にストレッチしてあげることで膝下O脚を改善しましょう。たったこれだけでいいの?と思う自宅でできる簡単ストレッチ法を解説します。

膝下O脚の原因は筋肉のねじれ!?

そもそも膝下O脚とはどういうものかと言いますと、脚をまっすぐにしたときに太ももはくっつくのに、ふくらはぎがくっつかずに外に広がっている状態を言います。

骨格だからと諦めてはいけません。膝下O脚の原因は筋肉の使い方が悪く、筋肉が硬くなったり弱くなったことで、骨を引っ張ってしまってしまいねじれが生じているからです。では、どの筋肉がねじれを起こしているかというと、すねの外側の筋肉とふくらはぎの外側の筋肉が硬くなったり、弱くなることと、太もも前と後ろの筋肉が影響します。

これらの筋肉を正しい方向に使うように癖をつけてあげることで骨も正しい位置に戻ってきやすいのです。

画像出典: fotolia

どう使えば筋肉のねじれを改善できるのか?

では、どう動かせば筋肉のねじれが改善でき、膝下O脚が改善されるのか。ここは少しややこしいのでしっかり解説していきます。

まず、すねの外側の筋肉が伸びた状態で硬くなってしまいます。これはいろんな要素がありますが、しっかりつま先が上がらず歩いていたりすることや、ヒールなどで常に伸ばされた状態になっているのが原因です。

ですからつま先を上げるという向きに筋肉を動かすことが大事になります。また、ふくらはぎの筋肉は縮んで硬くなっているので、これもつま先を上げるようにしてかかとを押し出すように伸ばすことが必要になります。あとは、筋肉は連動して動きますので足関節、膝関節、股関節をまっすぐに向けるように、ストレッチで癖付けをしていきましょう。

たったこれだけ!膝下O脚改善ストレッチ!

早速、膝下O脚改善のストレッチのやり方を解説していきましょう。
「膝下O脚改善ストレッチ~やり方~」

1:脚を前後に開き、前の脚が膝90度に曲げ、後ろの脚は膝をついて90度ぐらいになるようにします。
2:両手を前の脚の横につき前傾姿勢になります。
3:つま先と膝がまっすぐになるように意識をして前の脚の膝をゆっくり伸ばしていきましょう。

ストレッチ
画像出典: 美LAB. 

「膝下O脚改善ストレッチ~やり方~」

4:イタ気持ちいいところで20秒~30秒キープしましょう。
5:5セットぐらい繰り返して反対も行いましょう。このストレッチのポイントは、膝を伸ばそうとするとつま先が開いたり親指が浮いてきたりしやすいのでしっかり押さえること。すると今度は膝が内側に入りやすいので、つま先が開かないようにしながら膝をまっすぐに向けること。この筋肉の使い方がねじれを解消してくれます。

ストレッチ
画像出典: 美LAB.

おわりに…

最初は難しいストレッチですが、正しい筋肉の使い方をマスターするには大事なストレッチになります。継続してやれば脚のラインがきれいになること間違いなし!

執筆者:
大小田 健介

LINE@で美LAB.を

友だち追加数