シワ対策にフェイシャルエクササイズをおこなってはいませんか? シワ対策にフェイシャルエクササイズをおこなってはいませんか?
画像出典: fotolia

シワ対策にフェイシャルエクササイズをおこなっていませんか?

2016年03月22日
シワの予防のために、フェイシャルエクササイズでお顔の筋肉を鍛えないと・・・。そう考えられて、実践している人もいるのではないでしょうか?今日は、シワとフェイシャルエクササイズについてお話しいたします。

顔の筋肉を鍛えてもシワ対策にはならない!

フェイシャルエクササイズでお顔の筋肉を鍛え、シワを予防しようとしていませんか?フェイシャルエクササイズは、皮膚のたるみには有効です。しかし、シワ対策としては、かえって逆効果になることがあります。

お顔の筋肉を鍛えるとシワがなくなりそうに感じるのは、イメージです。通常、私たちの皮膚は筋肉の上に脂肪があり、その上に皮膚がはりついた状態で存在しています。そのことから、筋肉を鍛えても皮膚までは届かなく、シワはのびることはありません

表情ジワは、より目立ってしまうことに!

お顔のシワは、もともとは表情ジワ。フェイシャルエクササイズで大きな表情をつくった場合、よけいに表情シワは目立ってしまうことがあります。

また、皮膚をひっぱってシワをのばそうとされる人がおられます。これもシワがのびたように感じるイメージで、お顔のシワは、ひっぱった場合よけいに目立ってきてしまいます

シワを引っ張るイメージ
画像出典: fotolia

のばした直後は、シワがのびたように感じるかもしれません。しかし、すでに弾力を失った皮膚のコラーゲンは、ひっぱることでさらにダメージを受けてしまいます。さらに深く、大きなシワをつくってしまうことにもなりかねません。

それから、アイラインをひくときに、目元の皮膚をグイっとひっぱる人。この行為も、シワを深く大きくしてしまう原因になりますので、できるだけ避けるようにしてください。

目元を引っ張るイメージ
画像出典: fotolia

表情ジワは、あなたの人生の歴史が刻まれたシワ。あなただけの魅力のひとつでもあります。表情ジワのことはあまり気にせず、たるみからあらわれるシワ乾燥ジワ対策だけを意識し、スキンケアをおこなってくださいね。

執筆者:
大川 明伸

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい