半身浴 半身浴
画像出典: istock

半身浴ダイエットのやり方を美容家が伝授!温度・時間・効果とは?

2019年05月09日
「半身浴ダイエット」のやり方をエステ経営者のMadoka先生が伝授!期待できる嬉しい効果や、温度・入浴時間・逆効果になり得る半身浴の方法についても詳しくレクチャーしています。これを読めば、毎日のお風呂タイムがさらに楽しく!効率的になるのではないでしょうか。

半身浴の嬉しいメリットとは?

半身浴
画像出典: fotolia

新陳代謝が上がる
半身浴でしっかりと身体を温めることによって、血流やリンパの流れが良くなり、むくみの解消発汗を促すことができます。老廃物が排出されやすい状態になることで、新陳代謝が上がります

美肌に導く
発汗によって毛穴の汚れや古くなった角質が取れやすくなり、お肌のターンオーバーの正常化も期待できます。ターンオーバーが正常化することで、美肌につながります。

疲労回復
水圧がかかることによって、筋肉の緊張が取れて全身の巡りが良くなります。身体の深部から体温が上がるので、自律神経の副交感神経が優位になり疲労を回復し、心身共にリラックスすることがきます。

エステティシャン推奨!半身浴ダイエットのやり方

エステティシャン推奨!半身浴ダイエットのやり方
画像出典: fotolia

入浴前に浴室を暖める
半身浴を始める前に、あらかじめ浴室を暖めておきます。浴室暖房をつけておくか、湯船の蓋を開けておく方法がおすすめ。

半身浴中は上半身が冷えやすいので、浴室の温度を上げておくことで冷え予防にもつながります。

お湯の温度は38度〜40度
ややぬるめに感じる、熱すぎない温度設定にしましょう。熱すぎると、深部までしっかり温まらない内に入浴を終えてしまったり、我慢して入浴することでのぼせや脱水症状を招きかねません。

入浴時間は15~20分が目安
半身浴中は肩が出ているため、冷えやすくなります。お湯につけたタオルを肩にかけながら、15~20分程度を目安に入浴していきましょう。

こまめに水分補給を
ペットボトルのお水や麦茶を準備して、水分補給しながら半身浴をすることをおすすめします。普段汗をかく機会が少ない場合は、のぼせや脱水症状を引き起こしやすいため注意が必要です。

喉が乾いていなくてもこまめに水分補給をしていくようにしましょう。

エステティシャン推奨!半身浴ダイエットの効果を高めるコツ

エステティシャン推奨!半身浴ダイエットの効果を高めるコツ
画像出典: fotolia

湯舟の中で簡単ストレッチ
STEP1手首や足首をゆっくりと10回程度旋回させ、反対向きでも同じように旋回。
STEP2グー・チョキ・パーの手の動きをゆっくり10回繰り返しましょう。末端の毛細血管に血流を流すように意識すると、温まり方が変わってきます。
STEP3肩甲骨をしっかりまわすと、肩こり・首こり・疲れなどがほぐれていきます。

マッサージ
鎖骨・脇の下などのリンパ節を軽くプッシュしたり、気になる二の腕・ふくらはぎを手のひら全体で掴んで離すを繰り返すだけでも水圧が加わり、マッサージ効果が高まります。

末端から体の中心部分に向かって擦り上げていくことで、むくみの解消につながります。気になる部位を積極的にマッサージしてみてくださいね。

半身浴中のおすすめの暇つぶし方法

半身浴中のおすすめの暇つぶし方法
画像出典: istock

防水テレビ
最近では比較的お手頃価格で購入できる防水テレビがあると、好きな番組を見ながら半身浴できます。

長風呂になりすぎないように注意が必要ですが、あっという間に時間が経つことでしょう。

携帯電話
携帯電話でゲームをしたり、動画を見たり音楽を聴いたり、メールをしている方も多いかと思います。

浴槽に落としてしまわないか不安な場合は、防水機能の付いている携帯電話だとしても防水ケースに入れて入浴することをおすすめします。

音楽鑑賞
防水機能の付いている携帯電話を持ち込んで、音楽に合わせて歌を歌ったり、鼻歌を口ずさんだり。好きな音楽を聴きながらリラックスしましょう。

お風呂場は音が響くのでちょっとしたカラオケ気分で気分転換にもなり、一日の疲れがリフレッシュできることでしょう。

逆効果?!半身浴ダイエット時の注意点

逆効果?!半身浴ダイエット時の注意点
画像出典: istock

高温にしないよう注意
お湯を42度以上に設定すると、のぼせたり脱水症状を引き起こす危険性があるので注意しましょう。

高温の温度設定は皮膚の表面だけが温まり筋肉や内臓にストレスや負担をかけてしまうので注意が必要です。

高温の半身浴は就寝前に不向き
高すぎる温度設定は交感神経を優位にするため、筋肉や神経が活性化します。就寝前にリラックスしたい場合は逆効果となってしまうので、気を付けましょう。

長風呂に注意
長時間入浴することで、角質がふやけて皮膚の保湿成分が乾燥し、かゆみや皮膚トラブルが出てしまう可能性もあるので注意です。

冒頭でご紹介したように、少しぬるいと感じる38度程度からじっくり温めることをおすすめします。

半身浴を楽しみながらダイエットしよう!

半身浴を楽しみながらダイエットしよう!
画像出典: istock

半身浴を日常的に上手に取り入れることで、就寝前のリラックス効果やスムーズな寝つきにも期待ができます。

ぜひお気に入りの入浴剤などを楽しみながら、半身浴で心地よくダイエットをしていきましょう!

執筆者:
Madoka