【動画あり】呼吸が浅いと下半身が太くなる! 【動画あり】呼吸が浅いと下半身が太くなる!
画像出典: fotolia

【動画あり】呼吸が浅いと下半身が太くなる!?

2018年10月30日
こんにちは!下半身痩せ専門パーソナルトレーナーの飯沢芳明です。日頃から呼吸が浅いと感じている女性は意外と多いもの。仕事に集中し過ぎて、気が付けば無呼吸状態なんてことも…。実は呼吸の浅さは下半身が太る原因にもなるのです。詳しく解説していきましょう!

呼吸が浅いと下半身も太くなる!

パソコン画面を見続け仕事に集中。集中し過ぎて「そういえば、息吸ってなかった」なんてことも多いのではないでしょうか?呼吸は人間にとって重要な行為であることは周知の事実ですが、実は呼吸の浅さが下半身を太くしているかもしれないのです!

呼吸は通常、横隔膜をメインに活用しながら行われます。しかし、デスクワークやスマホが原因で背中を丸めた姿勢が長くなると、胸が圧迫され呼吸がしにくくなるので、横隔膜以外の筋肉も活用しながら空気を吸おうとします。

横隔膜が上手く活用できなくなると、下半身痩せにとって重要な腹圧をかけることが難しくなってしまいます。その結果、前ももやふくらはぎの筋肉に負担がかかり下半身太りになってしまうのです。

下半身
画像出典: fotolia

呼吸を深くするトレーニングをしよう!

腹圧を取り戻せば、下半身太りは未然に防げます。腹圧をかけるには横隔膜を活用し深い呼吸をする必要があります。つまり呼吸が深くなれば下半身痩せに繋がるかもしれないのです!

具体的には、呼吸を深くするような風船トレーニングをおススメします。風船は強く息を吐かないと膨らみません。その行為が呼吸を深くするために一役買ってくれます。では、早速やってみましょう!

【実践動画】風船トレーニング

1. 仰向けになり、腰を床に押し当てます。
2. 風船を膨らませます。
※息を吐き切ることがポイント!
3. 3~4呼吸 空気を入れたら風船を一度しぼめます。
4. 上記の流れを3~4セット繰り返してみましょう!

まずは意識を変えてみよう!

たかが呼吸、されど呼吸。呼吸が浅いと下半身太りになってしまう危険性があること以外にも、首こり・肩こり・腰痛の原因のひとつにもなります。まさに百害あって一利なしです!

普段から呼吸の深さを気にする人は少ないでしょう。まずは意識を変えて、少しでも呼吸に耳を傾ける時間を作ってみてはいかがでしょうか?日々のほんのちょっとした行為が、下半身痩せでは必要になってきます。ぜひ実践してみましょう!

以上、下半身痩せ専門パーソナルトレーナーの飯沢芳明でした。

執筆者:
飯沢 芳明

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい