トレーニングの効果を確実に出すために必要なコト8つ!〜失敗しないコツはここにあります〜 トレーニングの効果を確実に出すために必要なコト8つ!〜失敗しないコツはここにあります〜
画像出典: fotolia

失敗しないボディメイク!トレーニングの効果を確実に出すために必要なコト8つ

2018年10月28日
みなさん、こんにちは。姿勢改善×ボディメイクのプロの谷俊治です。「頑張って痩せよう!身体を変えよう!」と思うけれど、なかなか変化が出ずにつまづいてしまうという方に、知っておいて欲しいことをご紹介します。

トレーニングをするとき知っていてほしいこととは・・・

ずばり「トレーニングの原理・原則」を知ることです。このトレーニングの原理・原則は、フィットネスライフ全般からダイエット・ボディメイクのトレーニングの全てを充実したものにするための必須事項です!

これを理解しておくと、目先にとらわれずに確実性の高いトレーニングやダイエットなどを行うことが可能となります。

トレーニング
画像出典: fotolia

トレーニングの原理3つ!

1. オーバーロード(過負荷)の原理
トレーニングの効果を得るためには、余裕のある負荷ではなく、キツいと感じる負荷でないと効果は表れません。その"キツさに打ち勝つ必要がある"と身体が感じることにより、肉体が変化をしていくのです!

2. 特異性の原理
トレーニングはその種類によって鍛えられ方が変わります。1セット20回として筋肉を鍛えたとしても、筋肥大をしマッチョになることは考えにくい(筋肉の特性による為)ですし、スクワットでは上半身のトレーニングにはなりません。このように、目的に応じてトレーニングの種類を選ぶ必要があります。

3. 可逆性の原理
一定期間トレーニングをしてその効果・変化が得られても、トレーニングを止めてしまうと、体はもとに戻ってしまいます。これはトレーニング期間が長い場合の方が戻るスピードも緩やかですし、逆にトレーニング期間が短い場合は数週間で元に戻ってしまいます。

以上、トレーニングの原理はこの3つになります。

トレーニング
画像出典: fotolia

トレーニングの原則5つ!

1. 全面性の原則
トレーニングをする際は、全ての面でバランスよく鍛えることが大切です。「"上半身のみ"や"下半身の気になる部位だけ"というのはオススメされない」ということですね。偏りのある体では、怪我や姿勢の悪化などの不調に繋がってしまいます。

2. 自覚性の原則
トレーニングを行う場合は、鍛えている部位や自らの意志で行っていることを自覚することで、トレーニングの効果が向上します。どこに効いているのか、なるべく刺激がぼやけないようにトレーニング出来ると素晴らしいですね!

3. 漸進性の原則
ある一定期間トレーニングを続け、体力が向上し一定の水準に達すると、それ以上同じ負荷で続けても効果が現れなくなります。そのため、体力の向上に伴って負荷も徐々に(漸進的に)上げていく必要がある!ということです。

4. 個別性の原則
体力や骨格には個人差があるので、個人の年齢・性別などに応じて負荷や種目を決めることが必要です。

5. 反復性の原則
トレーニングの効果を得るには、繰り返し行う必要があります。目安は週に2回以上を1ヶ月もやれば、ほぼ確実に身体の変化を感じれると思います!

それで変化を感じない場合は、上記のオーバーロードの原理などに当てはまっていないトレーニングだったり、漸進性の原則あたりが物足りないという可能性が出てきます。その場合は負荷を増大させたり、変化をつけていく必要があります。

トレーニング
画像出典: fotolia

さいごに

今回は理論的なことでしたので固い内容になってしまいましたが、これらを知っておくとトレーニングで行き詰まったときに助けになります!

そして変化が思うように出なくても自信をなくさず、改善点を見つけてリスタートをしていけると、おのずと結果はついてくるはずです。ぜひ参考にしてみて下さい。

執筆者:
谷 俊治

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい