秋に食べたい美容スイーツ!!レシピ付き「ヴィーガンスイートポテト」 秋に食べたい美容スイーツ!!レシピ付き「ヴィーガンスイートポテト」
画像出典: 美LAB. 

秋に食べたい美容スイーツ!レシピ付き「ヴィーガンスイートポテト」

2018年09月17日
こんにちは。栄養士、ダイエットアドバイザーの吉田理江です。糖質が高いことから敬遠している方もいらっしゃるかと思いますが、食べ過ぎなければ、美容・ダイエット効果が期待できる素晴らしい食材!!秋が旬の「さつまいも」を使った、簡単スイーツレシピをご紹介させて頂きます。簡単に作れるので、ぜひお試しくださいね!

さつまいもの美容効果

「さつまいも」は、いも類の中でも食物繊維の含有量がトップクラスです!便秘を解消して、有害物質を排出することで肌荒れも改善されると言われています。さつまいもを食べると「おなら」が沢山出てしまう方は、皮も一緒に食べてみてくださいね。皮と一緒に食べると「おなら」が出にくいと言われています。

さつまいもの栄養素でもう一つ注目したいのが、美肌作りに欠かせない栄養素の「ビタミンC」!「ビタミンC」は熱に弱い性質があるのですが、デンプン質の働きにより、加熱しても「ビタミンC」が壊れにくいので、熱を加えても栄養素を摂り入れる事ができます。また、むくみ防止に効果があると言われている「カリウム」も含まれています。

味噌汁に入れても美味しく食べられます。朝、さつまいも入りの味噌汁を飲むだけでむくみ防止が期待できます。

さつまいも
画像出典: fotolia

ダイエット効果

「さつまいも」は、100gで約132kcalと小麦に比べると約1/3kcalと低く、同じ炭水化物でも「低GI」で太りにくい炭水化物と言われています。

ダイエットに嬉しい効果の期待出来る「クロロゲン酸」に注目します。
「さつまいも」には、「クロロゲン酸」というポリフェノールが含まれています。この「クロロゲン酸」は、老化現象の元になると言われている活性酸素を取り除いたり、脂肪燃焼効果も期待できると言われています。

美容、ダイエット効果の期待できる旬のさつまいもは、甘くて満足感もあるのでオススメの食材です。無理な食事制限をすると体を壊したり、我慢のし過ぎでストレスが溜まってしまう場合もあります。無理せず美味しく食べて、楽しくダイエットをしてください。

「ヴィーガンスイートポテト」レシピ

小麦、動物性食品不使用です。グルテン、卵、乳アレルギーの方でも食べられます。ぜひお試しくださいね!

さつまいも
画像出典: 美LAB. 

材料

<2人分>
さつまいも・・・150g
無調整豆腐、メープルシロップ・・・各大さじ1

作り方

1、さつまいもは、1㎝~1.5㎝幅に切り水にさらす。竹串が、すっと通るまで蒸す。
電子レンジを使用する場合...耐熱皿にさつまいもをのせて水(分量外)大さじ5を全体にふりかけて、電子レンジ(600W)で5~6分加熱する。

さつまいも
画像出典: 美LAB. 

2、濡らしたキッチンペーパーまたは布巾で包み、皮をむく。

さつまいも
画像出典: 美LAB.

3、フォークでさつまいもを潰し、無調整豆腐、メープルシロップを加えてよく混ぜる。

さつまいも
画像出典: 美LAB.

4、好きな形に成形する。薄く米油(分量外)を塗ったアルミホイルをトースターの上に置き、成形したさつまいもをのせる。表面をメープルシロップ(分量外)をはけ、またはスプーンで塗る。トースター(1000W)で焼き色が付くまで10分~15分ほど焼く。

さつまいも
画像出典: 美LAB. 

ポイント

●メープルシロップの量は、お好みで増やしてください。
●電子レンジで加熱する時に水をふりかけると、ぱさつきにくくなります。
●アルミホイルに薄く油を塗ると、くっつきにくくなります。

執筆者:
吉田理江

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい