スリムになりたい人の、正しいプロテインの選び方と飲み方 スリムになりたい人の、正しいプロテインの選び方と飲み方
画像出典: fotolia

知らなきゃ損!スリムになりたい人の「プロテイン」の選び方と飲み方

2018年09月11日
こんにちは、コラムニストの愛子です。ジムでトレーニングをしていると、プロテインをすすめられる機会が多いかと思います。そうかと思えばネットで「プロテイン」と検索すると、続いて「太る」なんてワードも出てくるし、飲むべきか飲まざるべきか迷っているという方も多いのでは?今回はそんなあなたの疑問にお答えします。

1:プロテインの種類

プロテインは2種類あり、目的によって使い分けることが出来ます。

・ソイプロテイン:植物性たんぱく質
スリムになりたい、引き締めたい方、女性らしいボディラインを目指す方にピッタリ。

・ホエイプロテイン:動物性たんぱく質
しっかり筋肉を付けたい方におすすめ。

プロテイン
画像出典: fotolia

2:いつ飲むの?

・トレーニング後
・食事の代わりに(1食置き換えなど)
・1日のたんぱく質摂取量が不足しているときのサポートとして


~1日のたんぱく質摂取量の目安~
体重1㎏に対してたんぱく質1g。
例)体重45㎏の方なら、1日に45gを目安に摂取する。
ただし運動量が多い方や筋肉を大きく育てたい方、また糖質を極端に制限している方などは、もう少し多めに摂取しましょう。

~食品のたんぱく質含有量の目安~
・魚、お肉:100gあたり、約20g。
・卵:1個あたり6~7g。
・納豆:1パックあたり6~7g。
多少の誤差はありますが、大体これくらいで計算して問題ないでしょう。

トレーニング,プロテイン
画像出典: fotolia

3:注意点

・たんぱく質も摂りすぎると太るので、1日に必要なたんぱく質量を上回らないように調整しましょう。

無糖タイプか、体に優しく血糖値を上げない甘味料(エリスリトール、ラカント、ステビアなど)が使われているものを選びましょう。砂糖や合成甘味料などがたっぷり入ったプロテインはNGです。

4:結局ボディメイクにプロテインは必要なのか?

健康で美しい体を作るために大切なのは、適切な量のたんぱく質を摂取することなのです。ですから食事で必要なたんぱく質量をしっかり摂取できるなら、プロテインは必要ありません。必要なたんぱく質量を食事で摂るのが難しい方は、不足している分をプロテインで補いましょう。また、運動量が多い方や大きな筋肉を付けたい方は、運動後にプロテインを飲むといいですよ♪

執筆者:
愛子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい