もっとスリムに見えるのに!太って見えるNG姿勢〜立ち姿勢編〜 もっとスリムに見えるのに!太って見えるNG姿勢〜立ち姿勢編〜
画像出典: fotolia

もっとスリムに見えるのに!太って見えるNG姿勢〜立ち姿勢編〜

2015年07月13日
どんなにスリムな体型でも、姿勢が悪ければ美しく見えません。姿勢を美しくすることで、その場で細く長く“魅せる”ことが可能。体幹を鍛えて“痩せやすい体質”を育てることにもつながりますよ。次のポイントをチェックして、ブサイク姿勢とお別れしましょう。セルフシャッターで撮影しながらご説明します♪

太って見える立ち姿勢のNGポイント

次の5つのポイントをチェックしてみてください。これらのポイントに当てはまる姿勢は“ブサイク姿勢”。筋力を使わないため緩んで広がって見えてしまいます。体幹を使わないためエネルギーを消費しにくく、太りやすくなってしまう危険性も・・・!

□頭が前に出ている(顎が突き出ている)
□反り腰になっている
□お腹に力が入っていない
□お尻が出ている
□つま先に重心がいっている(または、片側に重心が偏っている)

もっとスリムに見えるのに!太って見えるNG姿勢〜立ち姿勢編〜
画像出典: fotolia

今すぐ美姿勢になる方法

頭がしっかりと首の上に乗っていて、お腹にキュッと力が入り、お尻の上に腰から肩まで乗っかっている(背骨は自然なS字にカーブしています)まっすぐな状態が“美姿勢”。反り腰にならず、お尻を中心にキュッとしまうようなイメージです。先ほどのチェック項目のちょうど反対。

□頭が前に出ていない
□腰がまっすぐ
□下腹に力が入っている
□お尻が出ていない
□かかとに重心がある(両足にバランス良く重心がかかっている)

もっとスリムに見えるのに!太って見えるNG姿勢〜立ち姿勢編〜
画像出典: fotolia

美姿勢のコツは「UFOキャッチャーに吊られているようなイメージで、後頭部を斜め上(うしろ)方向へと引き上げる」こと。たったこれだけで頭は前に出ず、お尻から肩までを上へ引き上げ、まっすぐにすることができます。この状態で肩の力を抜き、お尻をしまって下腹に力を入れます。鏡を見ながら上の5つのチェック項目をクリアできているか確認してみましょう。すべてクリアできているのではないでしょうか。

美姿勢をキープするだけで、体幹を鍛えてウエストラインを引き締め、代謝をUPさせる効果が期待できます。見た目を美しくするたけでなくメリハリボディを育てる超お得な姿勢。ぜひ、今すぐ鏡でチェックして、美姿勢で過ごしてみてくださいね。

もっとスリムに見えるのに!太って見えるNG姿勢〜立ち姿勢編〜
画像出典: fotolia
執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数