わかっているけど酒太り・・・。“外飲み派”が今すぐやるべき3つの分別 わかっているけど酒太り・・・。“外飲み派”が今すぐやるべき3つの分別
画像出典: fotolia

わかっているけど酒太り・・・。“外飲み派”が今すぐやるべき3つの分別

2018年06月14日
みなさま、こんにちは!ダイエットトレーナーの小山圭介です。おかげさまで大好評の「ダイエット王子の愛のダイエットサポート奮闘記」、今回はズバリ、お酒や甘いものなどの「○○がやめられないんです」っていう方に読んでいただきたい事例をご紹介します。

「ダイエット王子」の愛のダイエットサポート奮闘記♡Vol.4

今回のお客様は、都内でネイルサロンを経営されているBさん(43歳/155㎝/53㎏)
-----------------------------------
■やせない理由は分かっているんです。私、お酒のお付き合いが多いんです。で、そこでたくさん食べちゃうんです・・・。先生、どうしたらいいでしょうか(汗)?
-----------------------------------
Bさん(43歳)、155㎝、53㎏。ネイルサロンを経営されていて、夜のお付き合いも多い毎日。30代の頃は47㎏ぐらいをキープしていたものの、40歳を過ぎてから50㎏の大台を越えてしまい・・・。お酒の席を減らし、ダイエットを成功させられるか!?

ネイリストのイメージ
画像出典: fotolia

Bさん(43歳/155㎝/53㎏)、都内2店舗のネイルサロンオーナーの場合

今回は、都内で2店舗のネイルサロンを経営されているBさんの事例です。

お仕事柄、お付き合いも多く、会食やイベントの後の懇親会に出席することもしばしば。また出張も多い、全国を飛び回っているパワフルウーマンです!

会食や懇親会のイメージ
画像出典: fotolia

私、もう分かっているんです。私がやせられないの、お酒なんです。

小山「お仕事、大充実されているようですね!

Bさん「おかげさまで、順調に楽しくお仕事させてもらっています。もともと、普通の会社で事務をしていたのですが、結婚と同時に退職して、その後、好きが高じてサロンを立ち上げたのが5年前。いろいろなご縁があって、昨年2店舗目も出店しました」

小山「そうでしたかー!ご自身もネイリストでいらっしゃるんですよね?」

Bさん「はい。今は経営側にまわっている時間も多いのですが、現役のネイリストです!」

小山「どんな時に、お仕事のやりがいや幸せを感じるんですか?」

Bさん
「女性の幸せ、美しく楽しい毎日をサポートできるところに、とーってもワクワクを感じています。目をキラキラさせながら感謝していただけた時に、心からこのお仕事をしていて良かったなって思います!」

小山「ステキですねー。女性は可愛く生きるために産まれてきたんですもんね。いつまでも美を追って、何歳になってもキュートな『オンナノコ』でいてほしい!」

Bさん
「先生、ステキなことおっしゃいますね。さすが王子(笑)!」

小山
「わーい、ほめられたー(笑)。さてさて、Bさん、ダイエットのお話も。どんな感じなんですか?」

Bさん
「私、もう分かっているんです。私がやせられないの、少しずつ太ってきてしまっているの、お酒なんです。お酒の席で、ついついたくさん食べちゃうんです・・・」

お酒とおつまみのイメージ
画像出典: fotolia

美意識は高め、ただし月に10回以上お酒の席が・・・

ダイエットサポートは、おおよそ3つのパターンに分類されます。
【1】なぜやせられないか分からない方
【2】やせられない理由にご自覚がある方
【3】2の方で専門的に見ると他の理由が大きい方


今回のBさんは、まさに【2】の典型の方でした。【1】~【3】ともに、ダイエットトレーナーとしての腕の見せ所は少しずつ違うのですが、実は、【2】の「分かっちゃいるけどやめられない」のパターンは、当たり前ですけど、エクササイズや食事のご指導だけではやせられない(笑)。完全にメンタルの領域!

Bさんは、美にまつわるお仕事をされているので、ご自身も美意識が高く、とっても若々しい方です。毎朝サラダ中心の美しい朝食を食べ、パーソナルトレーナーについて週に1回トレーニングをして、睡眠もしっかりたっぷりの毎日。ただし、お酒の席が月に10回以上あるようで・・・。

お酒の席のイメージ
画像出典: fotolia

ズバリお伺いします!お酒の席、減らしたいんですか?

小山「Bさん、ズバリお伺いします!お酒の席、減らしたいんですか?」

Bさん
「できれば減らしたいですけど、お仕事柄のお付き合いが多くてなかなか。仕事に影響は出したくなくて・・・」

小山
「これまたズバリと言っちゃいますけど、減らさないとやせませんよ!むしろ、太り続けちゃいますよ!」

Bさん
「で、で、ですよねー(涙)。でも、いろいろ工夫してみたり頑張っているんですけど、うまくいかなくて・・・」

小山
「大丈夫、絶対に減らせます!そして、絶対に絶対にやせられます!!一緒に取り組んでみましょう!!!」

小山圭介さん
画像出典: 美LAB.

そこでBさんに、お酒の席の目的を3つに分類していただくと、
【A】仕事に直結する大切な席
【B】直結はしないけど、良い出会いなどがあるかもしれない席
【C】お付き合い要素が強い、行かなくても良い席

と、Aが3つ、Bが2つ、Cが6つ、という結果でした。

小山
「Bさん、やってみて、感想はいかがですか?」

Bさん「半分以上が実は行かなくて良い席だったなんて、まさかの結果でした!」

小山「この手のセッション、しょっちゅうするのですが、意外と人間って惰性で過ごしていて、自分の本当の状態や気持ちに気付いてないことが多いんです!」

小山圭介さん
画像出典: 美LAB.

自分で自覚している自分の部分って、1割ぐらいしかないんです


Bさん
「そうなんですねー。自分のことなのに気付いてないだなんて・・・」

小山「少し難しいお話かもですが、顕在している意識と潜在的な意識があるんですね、人間って。実は、顕在している意識、つまり自分で自覚している自分の部分って、1割ぐらいしかないんです。だから、簡単に言うと、自分のことなのに9割は気付いていないんです!」

Bさんえーーーーっ。9割も!

驚いている女性のイラスト
画像出典: fotolia

小山「それを引き出して気付いてもらい、作戦を練って一緒に実行するのがボクの役目なんです!」

2ヶ月後、見事に40㎏台に!ボク、お酒の席を減らすセッションしかしていません(笑)

半分以上は出席しなくても良いと分かったBさん。簡単な事のようですが、実は人間、ひとりではこんな事にも気付けなかったり。気付けた瞬間、Bさんは安心したのか、Cのスケジュールをどんどんキャンセルしていきました。

そして、2ヶ月後、見事に40㎏台に!

美しい女性のイメージ
画像出典: fotolia

Bさんに関しては、ボク、お酒の席を減らすセッションしかしていません(笑)。しかも、10分程度のセッション。その後は、週に1回、報告をもらっていただけ!

何かをやめたいと思っているみなさま、
【A】とても大切
【B】大切な感じがする
【C】なくてもいいかも、惰性かも

の3つで、いったん分類してみてください。

何かに気付くかもしれません。もちろん、一概に分類できないケースもあるのですが、チャレンジしてみる=自分としっかりと向き合ってみることで、何かの活路が見いだされることも!

ということで、今回は思い込みというメンタルブロックを外してやせることに成功した、Bさんの事例でした!

小山圭介さん
画像出典: 美LAB.

※本記事は、ダイエットトレーナー&メンタルコーチの小山圭介氏に、実際にお客様にダイエットサポートを行った際のエピソードをもとにご執筆いただいております。※効果には個人差があり、すべての方に同等の効果を保証するものではありません。

執筆者:
小山 圭介

LINE@で美LAB.を

友だち追加数