ダイエット効果を上げるには〇〇を元気に!!今からできる3つのこと! ダイエット効果を上げるには〇〇を元気に!!今からできる3つのこと!
画像出典: fotolia

何度もダイエットを挫折してしまう人、この3つを守ればスリムボディ♡

2018年09月04日
ダイエットのために頑張ることは、運動や食事ですよね!その頑張りをもっと効率よくするために大事な〇〇を見つめなおしてみませんか?普段の生活でできる3つのことを行って、さらなるダイエット効果を引き出しましょう。

ダイエットの効果を上げるのは〇〇!

皆さんはダイエットの効果を上げるためにどんなことをしますか?極端な食事制限やハードな運動もありますが、なかなか続きませんよね??そんな方には、最適の方法があります。

答えは、内臓を元気にすること。

内臓とは、胃や腸、肝臓などが大きなウエイトを占めます。実は、基礎代謝の内訳としてこの内臓が占める割合は約60パーセントほどになるのです。ですから内臓が元気に働いているほど代謝しやすく痩せやすい。逆に内臓の機能が弱っている人は、代謝しにくく痩せにくいということになります。

ダイエット
画像出典: fotolia

内臓を元気にするには・・・

基礎代謝の6割を占める内臓の働きをよくするには、どうしたらいいんでしょうか。

まずは内臓が元気な状態とはどういうものかというと、わかりやすいところでいえば、お腹が空くこと、便秘や下痢がないこと、身体が重怠くないことなどが挙げられます。これらのような状態があると内臓がうまく機能しておらず、ダイエットのためにエネルギーが使われません。ですからこれらをまずは改善することが、ダイエットの効果を上げるポイントになるのです。

ではどうやって改善していくのかですが、基本的には食べ方や食べるもの、食べるタイミングや時間を変えていくわけですが、最も簡単なのがちゃんとお腹が空いたら食べることです。

多くの方が、ちゃんとお腹が空いていないのに、ご飯や間食を食べてしまっているのです。朝食べてお腹が空いていないのに、12時だからとお昼ご飯を食べていませんか?

ダイエット
画像出典: fotolia

消化が終わっていないのにさらに食べ物を入れることで、もっと内臓に働けと言っているようなものですよね。自分のデスクに書類が溜まっているのに、さらに追加されたらドッと疲れるのと同じなんですよ!!

内臓を元気にする3つのこと

では、その疲れた内臓を元気にする日常で気を付けるべき3つのことをお話しします。

1:お腹が空いたときに食べる
2:よく噛む
3:朝はご飯にする


この3つから始めてみませんか?

1は先ほど話した部分ですから、胃腸を疲れさせないための鉄則ですね。

2はその消化を助けるために、しっかりと咀嚼することです。また咀嚼することでカロリーを消費しますので食べながら、痩せることにもつながります。

咀嚼
画像出典: fotolia

3は朝は簡単にパンで済ませたい方が多いと思いますが、消化を朝のエネルギー補給を効率よくするには、ご飯のほうが適しています。

極端な食事制限やハードな運動をする前に、まずは内臓を元気にしてみませんか?そうすることでもっと効果的にダイエットできますよ。

執筆者:
大小田 健介

LINE@で美LAB.を

友だち追加数