ダイエット・サラダランチは「高カロリー」にすべき理由 ダイエット・サラダランチは「高カロリー」にすべき理由
画像出典: fotolia

ダイエット中のランチは「高カロリー」にすべき理由

2018年06月13日
ダイエットを始めると、ついつい葉野菜だけの超低カロリーサラダでランチを済ませたり、夕飯は外食をするからとお昼を抜いてしまったり…。やせるための行動で、代謝を低下させ太りやすい体質を招いている場合があります。ダイエットランチは、高カロリーに!代謝を高めてダイエットを効率よく成功させるコツをご紹介します。

ランチには「たんぱく質」をチャージすべき

ダイエット中でも不足させずに、しっかり摂取したい栄養素の一つがたんぱく質。エネルギーを消費する役割を担い、ボディラインを引き締める“筋肉”の主な材料だからです。

早くやせたい!と思うとついつい低カロリーなものばかり食べたくなりますが、ほとんどカロリーのないこんにゃくや葉野菜などから、たんぱく質を補給することはできません。体内の栄養素が不足すると、体脂肪だけでなく筋肉や骨を削っとエネルギーを生み出すことに。

体重は減りますが、メリハリのあるボディラインはできませんし健康を損ねかねません。

メリハリのあるボディライン
画像出典: fotolia

サラダランチはチキンサラダや海鮮サラダに

カロリーの数値だけをみると、肉や魚介類が入っているものはカロリーが高め。しかし、必要以上に摂りすぎると、そのまま体脂肪として蓄えられる炭水化物と比べ、肌や筋肉の再生に使われるたんぱく質は太りにくいもの。肉や魚、卵、豆製品などに豊富なたんぱく質は消化に時間がかかるので、食後にしっかり時間を取れる昼のタイミングがベストです。

※パスタなどの炭水化物がメインのサラダではなく、野菜と肉・魚がメインのものを選びましょう。

チキンのサラダ
画像出典: fotolia

しっかり食べて、メリハリボディに

ただ体重だけを減らすと、たるみや体力の低下、げっそりとした印象を招いてしまいます。健康的で美しい美ボディを目指すなら、しっかり食べて体内を活性化し、運動で体脂肪を消費することが大切。ぜひ、サラダランチはガッツリ系を選び、代謝を高めてくださいね。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

ダイエットカテゴリから探す