季節の変化で身体がダルイ!そんな不調をため込まないために気をつけておくべきこと 季節の変化で身体がダルイ!そんな不調をため込まないために気をつけておくべきこと
画像出典: fotolia

春は身体がダルい。季節の変化による不調をため込まないコツ

2018年05月01日
急激に暖かくなり、季節の変化や新生活が落ち着いてきて、身体がダルいなあ〜と感じることはありませんか?冬の間に蓄積していたエネルギーが春とともに一気に放出され、時間とともに疲労感が現れることも。今回は、上手く自分の身体を向き合い、ダルさや疲労、不調を溜め込まないようにコントロールする方法をエステティシャンの筆者がご紹介します。

■起床時と就寝前にはストレッチ

冬の間は寒くて身体が縮こまっていて、春になって活動的になることで身体の疲労感が出やすくなることも。起床時や就寝前に身体を大きく動かしてストレッチすることで、身体の準備運動や一日の疲労をほぐす効果も期待できます。

日中のストレッチや散歩、ジョギングなども新生活などの環境の変化によって、溜まった疲れやストレスを解放することもできるので、身体を大きく動かす意識をしてみましょう。

ストレッチ
画像出典: fotolia

■腸の働きを整えておく

便秘は身体にとっては毒素を溜め込むことになりかねないので、一日1.5L〜2Lの水分をこまめに取り、ウエストひねりストレッチや腸マッサージをして腸の働きを整えておきましょう。

特に冬の間は運動量に対して食事量が多くなりがちになり、習慣や癖となって常に何かを食べている‥なんてことはありませんか?ちょっとしかお腹が空いていないのに何か食べるといった、満腹状態が続いているのは胃腸にも負担ですので、時には空腹状態にしたり、朝の一食をスムージーや植物性プロテインドリンクなどにして腸内環境を整えて毒素をリセットするようにしましょう。

日中は糖質や炭水化物などに偏らずに、旬のものを積極的に取り入れるのもおすすめです。

■入浴によって温め、ほぐしてリラックス

一日の終わりには身体にはたくさんの疲労物質が蓄積されているので、温かいお湯に入浴し、水圧効果で血行促進しましょう。血行がよくなることで同時に筋肉の緊張もほぐれるので、入浴しながらマッサージをするとより効果的。入浴剤や香りなどでゆっくりとしてリラックスするのも大切な時間です。

入浴
画像出典: fotolia

季節の変わり目は特に身体の疲労などを感じやすくなりますが、年間を通して身体も変化しているので、そうなる前に身体のコンディションを整える習慣をつけておきましょう。

そうすることで一気にやってくる疲労感やダルさ、ストレス不調を予防することが出来ますので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか?

執筆者:
寒川あゆみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい