ちょっとの”意識”で大きな結果に。美容の最強ツール、呼吸の見直し! ちょっとの”意識”で大きな結果に。美容の最強ツール、呼吸の見直し!
画像出典: fotolia

ちょっとの“意識”で大きな結果に。美容の最強ツール「呼吸」の見直し!

2017年12月23日
1日に約24,000回も行うと言われている「呼吸」。1回1回の呼吸の質が健康や美容に大きな影響を与えています。ヘルシーでキレイなカラダを手に入れるための、ちょっとした呼吸の“意識”を紹介します。

ヘルシーでキレイな体を手に入れるためには、酸素が必要。

息を止める、大きく息を吸うなど、意識してコントロールすることも出来て、寝ている時や何かに集中している時にも止まらず、カラダが勝手に行ってくれているのが呼吸。そんな呼吸は、何をするにも必要な酸素を体に取り入れて、全身に届けてくれています。

どんなに健康に良い食事を徹底しても、どんなに肌に良いケアをしても、どんなにダイエットするためにたくさん運動をしても、しっかり呼吸をして全身に酸素が届いていなくては、なかなか結果に現れません。

深呼吸
画像出典: fotolia

ココロを整えて情報ジプシーから脱出!

そんな呼吸はココロを整える時にも有効です。近年は健康や美容に関する情報がたくさんあり、たくさんのことに取り組み過ぎてしまいます。そのストレス、ココロの緊張が原因で、かえって体重が増えてしまったり、肌のトラブルにつながったり、健康を損なってしまったりします。

そんな時は、あせって取り組まず、先ずはココロを整えることが大切です。ココロが緊張している時は、呼吸が浅くなっています。大きく深呼吸をしたり、常々深い呼吸を心がけたりして、ココロをリラックスすることが出来ます。

情報ジプシー
画像出典: fotolia

カラダにもココロにも優しい、呼吸の質を高めるちょっとした“意識”

「深い呼吸を心がけよう」としても、カラダが緊張して硬くなっていては、深い呼吸は出来ません。横隔膜という肋骨の下に張り付いている筋肉が、肺に酸素を取り入れることで、呼吸は生まれます。

ですので、肋骨周りのカラダの緊張を取り除いて、肋骨が自由に動ける環境を作ってあげることが大切です。横隔膜がしっかり働ける環境を整え、肺に酸素がしっかりと入ってくる様にします。

呼吸にともなう肋骨の動きを作る”意識“の紹介。

まずは今の自分の呼吸を観察しておいてください。リズムやテンポ、呼吸に伴ってカラダの動いている場所を確認しておきます。そして、胸周りのカラダの前面と後面、右側と左側など挟むように手を当てます。

次に、手と手の間に酸素を送り込むような“意識”を持って深い呼吸をしてみてください。呼吸に伴って、内側から膨らむ動きを感じます。前後、左右の動きの差を感じてみてください。カラダの緊張が強い場所は、あまり動きが生まれません。後ろの膨らみの方が少なかったり、右と左で差があったりします。

呼吸を意識する
画像出典: fotolia

今度は前後差や左右差が生まれないように、前後左右まんべんなく酸素を届かせる“意識”を持って深い呼吸を行なってみてください。するとその“意識”に応えるように、後ろ側にも膨らみが生まれたり、左右が整って動くのを感じます。1カ所だけでなく、胸のいろいろな場所でやってみてください。

最後に

1番最初に観察した呼吸と比較をしてみてください。呼吸に伴って動いている場所が広くなったり、呼吸のテンポがゆっくりになったり、深く呼吸出来たりします。同じように呼吸をしても、先ほどより楽に呼吸でき、酸素がたくさん入ってくるのを感じられます。

呼吸の質が上がることで、普段取り組んでいる運動やケアの底上げになります。呼吸の質が下がってしまわないように、ふとした時、紹介した呼吸の“意識”に取り組んでみてください。

執筆者:
大久保 圭祐

LINE@で美LAB.を

友だち追加数