カリッカリのベーコンはNG!?肌老化を加速させる食べ物とは カリッカリのベーコンはNG!?肌老化を加速させる食べ物とは
画像出典: fotolia

カリッカリのベーコンはNG!?肌老化を加速させる食べ物とは

2017年12月24日
カリッカリのベーコンに焼き魚、カリッと焼いたホットケーキ・・・どれも食べたくなってしまうものばかりですが、美肌の観点からは気をつけたい食品でもあります。今回は、糖化による肌の老化を防ぐ食生活のコツをご紹介します。

「こげ」は美味しいけれど老ける?

カリッと焼いた部分にできる「こげ」。こげが大好きで自ら食べるという人もいるかもしれません。加熱によって炭水化物とたんぱく質が結合して「こげ」になることを「糖化」といい、体内でも同じように糖化によって肌が老化していきます。

ベーコン
画像出典: fotolia

体内の「糖化」を防ぐには

体内の糖化、つまり老化を防ぐ方法の一つは、体内のたんぱく質と結合する余分な「炭水化物」の摂取を防ぐこと。糖質の過剰摂取は、体内での糖化を促進します。

また、糖化によってできる老化物質も避けた方が良いでしょう。その意味で、「こげ」の部分を積極的に食べることは避けたいものです。

老化を防ぐ食べ方のコツ

食事の仕方を工夫することで、より体内での糖化を防ぎやすくなります。

●よく噛んで食べる
●ゆっくり時間をかけて食べる
●「こげ」はなるべく食べない
●炭水化物に偏ったメ食事を避け、たんぱく質やビタミン・ミネラルが豊富な野菜とのバランスをとる

これらは皆、体内の糖化を防ぐ工夫。少しの工夫で老化を防ぐエイジングケア食に変えることができます。

噛んで食べる
画像出典: fotolia

食べるもので、肌が変わる

私たちの肌は、食べたものから吸収した栄養素のはたらきで維持・再生しています。食べるものが自分をつくる。その意識で日々を過ごしたいですね。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数