痩せ体質は元気な内臓で作られる!内臓をゆるめるエクササイズで楽々代謝アップ! 痩せ体質は元気な内臓で作られる!内臓をゆるめるエクササイズで楽々代謝アップ!
画像出典: fotolia

口元を動かすだけ!?「内臓エクササイズ」でらくらく痩せ体質に

2017年09月02日
こんにちは、コラムニストの愛子です。社会や家庭での責任が重くなってくるアラサー、アラフォー女性たちは、ストレスを感じる機会も多いのではないでしょうか?そんな中、きついエクササイズなんてやっていられない!という方も多いはず。そこで今回は、リラックスすることで代謝アップを目指せる方法をご紹介します!

1:基礎代謝の内訳

私のコラムでも何度かお話している通り、内臓が占める基礎代謝量の割合はとっても多いのです。

~基礎代謝の内訳~
脂肪組織:4%
その他:16%
脳:20%
骨格筋:22%
内臓:38%(肝臓21%、心臓9%、腎臓8%)
(参考:ダイエット検定1級テキスト/日本ダイエット健康協会)

内臓が元気になれば、基礎代謝が上がりやすくなるということです!

お腹
画像出典: fotolia

2:ストレスや食べ過ぎなどで、内臓は日々緊張している?

体を酷使したり、緊張状態が続いたりすると、肩や首、腰などの凝りや疲れを感じる方は多いと思います。

それと同じように、内臓だって緊張して硬くなってしまうことがあるのです。睡眠不足やストレス、暴飲暴食などで、内臓が疲弊したり緊張したりすると、内臓機能が落ち、基礎代謝も下がってしまう可能性があります。

3:内臓と口はつながっている

内臓の元気を取り戻すには、緊張をほぐし、内臓をゆるめてあげる必要があります。「でも内臓なんて見えもしないし、手も届かないのに、どうやってゆるめるの?」と思われますよね。

ところが内臓は、口と繋がっています。「舌を含む口は「~食道から胃から十二指腸~小腸から大腸~肛門」とつながる消化器官の入り口となっているのです。」(引用:「疲れない身体」をいっきに手に入れる本/藤本靖・著)

だから口元をゆるめることで、内臓もゆるめる効果が期待できます!

口
画像出典: fotolia

4:口元をゆるめて、内臓をゆるめるエクササイズ

さて、では早速口元から内臓をゆるめていきましょう!

~準備:舌のはじまり「舌骨」をチェック~
(1)喉仏に両手の中指を添えましょう。
(2)画像2のあたりまで、中指を左右に滑らせましょう。

(3)そのまま中指を上に2㎝ほど動かします。
(4)その状態で舌を出してみましょう。

(5)今度は舌を引っ込めてみます。舌を出したときになくなり、引っ込めたときにボコっと出てくるのが、舌骨です。そこが舌の始まり。今から行うエクササイズはそこから舌を動かすように意識してください。

エクササイズ
画像出典: fotolia

~エクササイズ1~
※息を止めず、心地よく呼吸を続けながら5分を目安に行ってください。

(1)左右の中指を舌骨(先ほど確認した場所)に添えます。
(2)舌を出し、上下左右、色んな方向に動かしましょう。
(3)今度は出した舌を引っ込めます。このとき指で舌骨の存在を感じましょう。
(4)次に、口の中で舌を動かします。歯茎の内側、頬の内側などを舌でタッチしてみましょう。

これで随分舌が柔らかくなるはずです!それではいよいよ、内臓をゆるめていきます。

~エクササイズ2~
(1)まずいつも通り立って、普通に前屈してみましょう。このときの体の状態をよく覚えておいてください。

(2)そのまま舌を出して、「ハァー」と口から息を吐き出し、だらんと体全体の力を抜きましょう。するとお腹がゆるみ、前屈がしやすくなるのを感じられると思います。その状態で、しばらく呼吸を続けましょう。体がどんどんほぐれていきます。

(3)上体を起こしてみましょう。内臓の緊張がとれ、自然と姿勢も良くなっているはずです。敏感な方なら、体が楽に感じられるでしょう。

姿勢
画像出典: fotolia

おわりに

もちろんエクササイズだけでなく、普段の睡眠や食事、ストレスケアも大切です。でも1度体が悪いほうに傾くと、それを快復させるのが難しくなるケースも……。

そんなときおすすめしたいのが、今回ご紹介したエクササイズです。内臓が元気になると、普通にしていても基礎代謝がアップするので、痩せやすくなります。ぜひ試してみてくださいね!

参考:「疲れない身体」をいっきに手に入れる本/藤本靖・著
ダイエット検定1級テキスト/日本ダイエット健康協会

執筆者:
愛子
引用:
  • 「疲れない身体」をいっきに手に入れる本/藤本靖・著

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい