真夏のむくみにサヨナラを!〜むくみを解消するセルフマッサージ編〜 真夏のむくみにサヨナラを!〜むくみを解消するセルフマッサージ編〜
画像出典: fotolia

真夏のむくみにサヨナラを!~むくみ解消セルフマッサージ編〜

2017年08月16日
こんにちは!ヨガ&フィットネス講師の山本華子です。夏真っ盛り!日本の夏は高温多湿なため、この湿度によって初夏から秋口は特に、太ったわけではないのに顔がまん丸、脚がパンパンで重だるい…という方も多いのではないでしょうか?セルフケアでそれらを改善しましょう~。前回はむくみ解消のヨガポーズをご紹介しました。今回はむくみ解消のセルフマッサージをご紹介しますね!

むくみ解消セルフマッサージで、夏のむくみにサヨナラ!

前回もご紹介しましたが、夏のむくみ解消のためのセルフケアストレッチ&セルフマッサージで大切なポイントは以下です。

1.血流をあげる
血流が悪い方はむくみやすく、さらに、むくむと血管や神経を圧迫するため、余計に血行が悪くなる可能性が考えられます。

2.筋力をつける
とくに足腰の筋力をつけましょう。

3.腎臓&肺を強化する
→下半身のむくみは腎臓の弱りからくることも?
→上半身のむくみは肺を鍛えると改善されやすい!?

ざっというとこんな感じです。今回は3のセルフマッサージをご紹介しますね。

背中トントンマッサージで脚のむくみ解消!

腎臓を強化すると、下半身のむくみが解消されやすいと言われています。

1)あぐらを組んだ状態でも椅子に座った状態でもいいので、軽く前かがみになり、
まずは右手で握りこぶしを作り、右の腰の上部をトントンと叩く。

2)振動が腎臓や内臓全体に響き渡るイメージで30秒ほど続けたら、反対も同様に行う。

マッサージのイメージ
画像出典: fotolia

足裏マッサージで上半身&下半身のむくみ解消!

足裏を反対側のカカトで押すことにより、働きをよくしましょう!

冒頭でも書きましたが、下半身のむくみは腎臓強化、上半身のむくみには肺強化が効果的と言われています。

腎臓の反射区は、足の人差し指の付け根から指3本くらい下の辺りで、肺の反射区は足の人差し指と薬指の付け根から指1本くらい下の辺りです。

その周辺を反対の足のカカトで体重をかけながら、足裏に対して直角に押すことで働きをよくしましょう!

マッサージのイメージ
画像出典: fotolia

おわりに

いかがでしたか?ヨガやセルフマッサージの他にも、

・むくみを解消する食材(きゅうり、コーン、くるみ、あずき、冬瓜など)を摂る
・適度に汗をかくこと、汗をかいたら水分や塩分を補給すること

なども効果が期待できますので、意識的に行って夏のむくみにサヨナラしましょう!

執筆者:
山本 華子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい