シワ対策は潤いケアより○○!?根本からスキンケアを見直してみましょう シワ対策は潤いケアより○○!?根本からスキンケアを見直してみましょう
画像出典: fotolia

シワの原因は乾燥よりも○○○○不足かも!?おすすめ美容成分3つ

2017年02月01日
シワは乾燥が原因…そう思っていませんか?しかし、加齢によるシワは潤い不足だけが原因ではありません。もっと根本的な部分から、シワ対策をしてみませんか?シワの原因を解説し、対策方法をご紹介します。

ここは要チェック!シワの原因は何?

乾燥のせいで小ジワが気になる…そう思っている方も多いのではないでしょうか。確かに、シワの原因の一つに乾燥もあります。しかし、多くのシワの原因はそれだけではないのです。

気になるシワの多くは、肌の奥にある真皮でコラーゲンが不足していることによって起こります。化粧水などは肌表面にアプローチするもの。がむしゃらに保湿を行っても改善しないことが多いのです。

コラーゲンは、真皮で肌の弾力を支えています。しかし、加齢とともに量が減少したり形が変形したりしてきちんとした機能を行えなくなってしまうことがあるのです。よって、シワ対策をしっかりとしたいのであればコラーゲンを増やすようなケアをするのがおすすめなのです。

シワを気にするイメージ
画像出典: fotolia

コラーゲンを増やしてシワの悩みとはオサラバ!

コラーゲン配合の化粧品は多く発売されていますよね。しかし、コラーゲンは分子が大きいので肌の真皮にまで到達しないことがほとんどです。さらに、コラーゲンサプリメントを飲んでもあまり効果が期待できないかも。コラーゲンが体内に入っても、消化されてアミノ酸に変化します。このアミノ酸は、小腸から吸収されてさまざまな組織に運ばれるのです。

おすすめなのは、コラーゲンを増やす作用がある化粧品を使うことです。コラーゲンを増やす成分は、ビタミンC誘導体、ナイアシン、レチノールが代表的です。

ビタミンC誘導体は水に配合されているものの方が安定しやすいので、化粧水を選ぶと良いでしょう。朝晩のスキンケアで、顔全体に浸透させると良いですよ。

ナイアシンは、水溶性のビタミンの一種。コラーゲンの合成を高めてくれます。ビタミンC誘導体やレチノールに比べて刺激が少ないので、敏感肌の方も試してみると良いでしょう。こちらも化粧水から取り入れるのがおすすめです。朝晩のケアに使ってみて。

最後に、レチノール。こちらはビタミンAの一種でコラーゲンを増やす作用があります。小ジワや浅いシワに効果が期待できます。油溶性なので、アイクリームなどのアイテムがおすすめですよ。日光に当たると効果が弱まってしまうので、朝に使用するときは紫外線対策もしておきましょう。

スキンケアをするイメージ
画像出典: fotolia

シワ対策はコラーゲンを増やすのが肝!いつまでも若々しく

このように、本気でシワ対策をしたいのであれば、コラーゲンを増やすケアをすると良いでしょう。シワに悩んでいる方は、根本的な部分からアプローチすることが大切なのです。シワの仕組みをきちんと理解して、より効果が期待できるスキンケアをしてみてくださいね。

執筆者:
西田 彩花

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい