脂肪つかみマッサージで、セルライトを撃退!ほぐし方法 脂肪つかみマッサージで、セルライトを撃退!ほぐし方法
画像出典: fotolia

気になる部分を「つかむ」だけ!脂肪つかみマッサージで、セルライトを撃退!

2016年07月01日
こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。触ると夏でもひんやりしていて、つかむと固くて痛い、セルライト脂肪。ついてしまった脂肪に出ていってもらうために、固くなった脂肪を柔らかくほぐす、つかみマッサージの方法をご紹介致します。

脂肪が「ここにいてはいけない」と思わせる

私達は「意思」を持った存在ですが、人間が進化してきた過程において、単細胞の時代であっても、細胞が生きづらい環境から逃れ、生きやすい環境を作ることを繰り返していて、まるで細胞に「意思」があったかのようです。

ついてしまった脂肪細胞をぎゅっとつかんで、脂肪にとって痛い、つらい状況をつくって退散してもらいましょう!脂肪を柔らかくほぐすと、分解され流れていきやすくなります

つかみにくい方向からつかむ

例えば、お腹の脂肪は横につかむよりも縦につかむ方がつかみにくく痛いことでしょう。わき腹や背中、もも前、外もも、内もも、膝上の肉、二の腕なども、同様につかみにくく痛い」方向からつかみましょう。

脂肪をつかむイメージ
画像出典: 美LAB.

脂肪をがっしりつかんで、揺する

気になる脂肪は、皮膚に近い部分だけをちょこんとつまむのではなく、奥からがっしりとつかみましょう。そして、縦や横に揺するように動かします。

とても痛いと思いますが、脂肪がほぐれて柔らかくなるにつれて、痛みも減り、ましになってきます。

脂肪をつかむイメージ
画像出典: 美LAB.

代謝を上げる

脂肪つかみマッサージをすると、周辺の筋肉も引っ張られて刺激されるため、体温が上がり、代謝が上がります。ポカポカした状態がしばらく続くでしょう。

おわりに

気になる脂肪をつかんでみましたか?体は意識をする部分が活性化して、老廃物をためにくい傾向があります。自分の体に意識を向けて、老廃物を流しやすくするためにも、時々つかんでみてはいかがでしょうか。

執筆者:
美宅 玲子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい