美肌ホルモンをアップさせる睡眠の仕方 美肌ホルモンをアップさせる睡眠の仕方

美肌ホルモンをアップさせる睡眠の仕方とは?

2016.04.24 エイジングケア/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加
寝た気がしないと思うほど眠りが浅いのは、「レム睡眠」が多いことが原因の一つです。ぐっすり寝て、すっきりと目覚めることができると、毎日気持ちよく過ごせますし、ホルモンのバランスもとってもよくなります。若いころはすぐに寝付けたのに、年を重ねるにしたがって眠りが浅くなった、また、何度も目が覚めるようになったなんていうこともあります。今回は「眠りの質」についてお話していきますね。

レム睡眠とノンレム睡眠

「何日も寝ていない」なんてことは、本来ないはず。人間は数日寝ないと神経が壊れてしまうためです。しかし、寝た気がしない、寝ていた記憶がないということは、深い睡眠がとれていないということなんです。これはレム睡眠が多いことが原因です。

睡眠のイメージ

レム睡眠とは脳が起きていて、身体の休息だけがおきている状態をいいます。ほんの少しの音で目が覚めたり、夢をみたりというのはこの状態です。

もう一つの睡眠はノンレム睡眠です。脳もお休みしている状態で夢も見ない、熟睡状態のことですね。ホルモンの分泌が多いのはノンレム睡眠中なんです。

通常90分の間にレム睡眠とノンレム睡眠がありそれが一晩で4~5回繰り返されています。成人ですとレム睡眠は全体の4分の1くらいです。それが、ストレスなどが長く続いたりするとレム睡眠が多くなり、疲れもとれなくなってきます。

日内リズムとホルモン

私たちのからだは朝日を浴びて目が覚め、日が暮れるとともに体温も下がり休息モードになっていきます。これがないと日内リズムがくるってきて、自律神経のバランスを崩しがちです。それはいろいろなホルモンが影響してしまうからなのです。

甲状腺ホルモン、カテコルアミン、アセチルコリン、セロトニンなど聞いたことがあるかと思います。毎日決まった時間に起きて、決まった時間に寝る準備をすることはホルモンにとってもとても大事なことなのです。

美肌ホルモンに関係するのは

美肌ホルモンに関係するのは、「成長ホルモン」です。よく言われているゴールデンタイム(10時から深夜2時)までの間にいい睡眠がとれていると、お肌にも栄養がいってくれますし、代謝があがります。この時間を有効に使うためには寝る前数時間のリラックスタイムが重要です。

アロマテラピーのススメ

嗅覚はダイレクトに大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)にいきますので、勝手に脳が緩み、リラックスへと導いてくれます。セロトニンの働きを助けてくれるものとしてラベンダー、クラリセージ、プチグレン、ネロリ、ベルガモット、スイートマジョラムなどがあります。深く深呼吸しながらリラックスタイムの取り入れてみてくださいね。

目を使わない

寝る前数時間は目を休ませてあげましょう。スマホやパソコンなどの青い光を発するものは、よくありません。特に女性は、骨盤の開閉とも連動していますので、生理中などは控えましょう。

身体をリラックスさせてのんびり過ごすことが、美肌への近道ですね。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

IFA国際アロマセラピスト認定校、ISAメディカルアロマセラピスト養成校の校長として、アロマセラピストの養成とともに、自…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる