エラのイメージ写整形せずに「エラ張り」を解消する方法3つ エラのイメージ写整形せずに「エラ張り」を解消する方法3つ
画像出典:

整形せずに「エラ張り」を解消する方法3つ

2017年09月06日

エラが張っているのは骨格のせいだから・・・と諦めてしまっている女性も多いようですが、実はそのエラ張りは体内の不要物がたまったものかもしれません。エラ張りを改善、予防してすっきり小顔を手に入れましょう。

翼突筋(よくとつきん)をマッサージする

エラ張り予防には、「翼突筋(よくとつきん)」という筋肉をほぐすのが効果的だと言われています。口の中に親指を頬骨のあたりに置き、くぼみを探しましょう。押して痛気持ちいいところをゴリゴリとほぐすと、「翼突筋(よくとつきん)」をほぐすことができます。

エラ張りの原因になるクセを改善する

あなたの毎日のクセが、エラ張りの原因になっている可能性もあります。例えば頬杖をついている、脚を組んで座っているのが常である、固いものをガリガリ噛むのが好きだ・・・などなどあげればキリがありませんが、これらはエラが張る原因となります。改善に努めましょう。

ストレスフリーの生活を

また、ストレスがたまると知らないうちに歯軋りをしたり、歯をかみしめたりしてエラ張りになってしまうという可能性も。そのためストレスフリーな生活を送ることが大切だと言えるでしょう。

眠っている間にケアできる「タオル枕」も効果的ですね。エラ張りが気になる人は、睡眠中の歯軋りや食いしばりが原因でエラ張りになることがあるようですから、首、肩の筋肉を和らげるために、ふんわりした枕よりもタオル枕のような体に負担のかからない枕を使うようにしましょう。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

LINE@で美LAB.を

友だち追加数