お尻歩きを見直そう!一日5分で変わるウエストサイズダウン お尻歩きを見直そう!一日5分で変わるウエストサイズダウン

1日5分でウエストサイズが変わる!骨盤の引き締めに効く「お尻歩き」のやり方

2016.02.18 痩身/運動・トレーニング
このエントリーをはてなブックマークに追加
お尻歩きは骨盤に良いことはご存知かと思います。この骨盤に良いお尻歩きを行うと、ウエストも引き締まってくるのです。ウエストサイズダウンになるお尻歩きの方法を再度見直し、ウエストのくびれを手に入れましょう。

お尻歩きはなぜ良いの?

良い理由の一番はやはり、骨盤の矯正が自然に行えるということです。骨盤の上に自身の上半身の体重が乗り、前後左右に揺れることで整います。

骨盤が整うことで、筋肉が正しく使われダイエット効果があることや、便秘や冷え性の改善などの理由で人気があります。また、骨盤の周辺の大腰筋や腸腰筋などの深部の筋肉への刺激となり、トレーニング効果や腰痛、膝の痛みなどの緩和にもなると言われています。

骨盤のイメージ

ウエストサイズダウンに良い理由

骨盤周辺には、たくさんの筋肉があります。腹筋や外腹斜筋のような上の方にある大きな筋肉もありますが、深部の筋肉も骨盤に付いていたり、骨盤の中や外を通っています。骨盤が歪むということは、それらの筋肉すべてが正しくない動きになります。

筋肉は、収縮を行うことでそれらの役割を発揮します。しかし、骨盤の歪みにより、収縮が適切に行われず、筋力が弱くなります。

お尻歩きを行うことで筋肉が良い状態で収縮を行い、自然と引き締まってくる筋肉が現れます。骨盤周辺にある筋肉が引き締まることで、ウエスト周りはすっきりとします。

また、お腹の筋肉が動くことにより便秘が解消され、ポッコリお腹とさよならできる可能性があります。

お尻歩きの方法

1. 両足を伸ばし、背筋を伸ばし座ります
2. 両手を床に水平に伸ばします(手を腰にしたり、組んでもOK)
3. 腰を前後に、腕も前後に動かしながら前に進みます
4. 腰を前後に、腕も前後に動かしながら後ろに進みます(戻る)

腕を水平に伸ばすことで、背中の筋肉を使用します。背中のぜい肉がすっきりする効果もありますが、はじめは辛いという方は、腕を組むなどして、負荷を減らして行います。

腰と腕(肩)を大きく一緒に前や後ろに出すことで、お腹周りの筋肉をより使えるようになります。腰を反らさず、腹筋を意識し行うことで、お尻の筋肉(中臀筋)を使います。小尻効果も期待できますよ。

お尻歩きのイメージ

おわりに

いかがでしょうか?改めて、骨盤とウエスト周りの筋肉との繋がりを知ることで、お尻歩きをしたくなりませんか?

意外と狭い空間でもできるし、前後に動くだけなので、テレビを見ながらできる簡単な運動です。5分~でも効果がありますが、慣れてきら10分20分と長くして行くとより効果が期待できます。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

自身のアトピー・アレルギーを機に美容を学ぶ。美容学校を卒業後、エステティック及びヘアメイク・着付けを中心に教育と現場の仕…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる