よく噛んでゆっくり食べるほど「美しくなる」法則! よく噛んでゆっくり食べるほど「美しくなる」法則!

よく噛んでゆっくり食べるほど「美しくなる」法則!

2015.12.03 痩身/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
食事の度に言われてきた言葉のひとつが「よく噛んで食べなさい」だったという方、いますよね。なぜよく噛む必要があるのか、理由まで教えてもらいましたか?よく噛むことは腸と脳、健康と美容全てにおいていい影響を与えてくれます。その仕組みを一緒に見てゆきましょう。

噛まない人は、太る!

食事中、よく噛んで食べる方とそうでない方がいますが、みなさんはどちらでしょうか。ここでクイズです。大食い選手権などに出ている方たち、よく噛んでいますか?

たくさん食べる方は、ほどほとんど噛まず飲み込むように食べています。噛まない方が早くたくさん食べられるからです。同時に脳の満腹中枢のスイッチがなかなか起動せず、ずっと食べ続けることが可能に・・・!よく噛まずに食べるのは、太りやすいことこの上ないのです。

早食いのイメージ

噛むほどに胃腸の負担が減ってやせやすい

さらに、よく噛まない方が胃や腸への負担が大きくなります。しっかりよく噛み、食べた物を口の中で小さくすりつぶさないと、その後に続く胃~十二指腸~小腸の消化活動(しわ寄せ・負担)が非常に増えるためです。

内臓疲労はおデブの元。よく噛んで内臓の負担や疲労を減らしてあげれば、カラダは内側から元気になり代謝も上がってやせやすくなります。

こんなにある、よく噛むメリット

よく噛むと胃腸の負担が減るほか、こんなにいいことが起き得ます。

【よく噛むメリット】
・だ液が分泌され、ドライマウスのリスク減(だ液がよく出ると、口から入る悪い細菌なども殺菌されます)
・咀嚼筋(噛む筋肉)を使うので小顔効果が期待できる
・満腹感が得やすく、食べ過ぎ防止になる
・食後の消費エネルギー量が増加する

同じ食事の量・質なら、よく噛んでゆっくり食事をした方がやせやすく、健康度が増し、小顔にもなりやすいのですね。

よく噛む食事で効率よくダイエット

食べることは毎日行う習慣のひとつ。噛めば噛むほど美しくなる時間です。そう考えたら、食事をいろんな意味で“おいしい”時間にした方が断然おトクですよ!

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

これまでに5,000人以上の腸をもんできた腸もみのプロ。プライベートサロンでは「腸を扱わせたら右に出るものはいない」と言…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる