初秋に気になる冷えやアンチエイジングにはコレ!カボチャの嬉しい美容効果とは? 初秋に気になる冷えやアンチエイジングにはコレ!カボチャの嬉しい美容効果とは?

初秋に気になる冷えやアンチエイジングにはコレ!カボチャの嬉しい美容効果とは?

2015.09.15 エイジングケア/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!インナービューティー研究家・フードコーディネーターの國塩亜矢子です。すっかり秋めいた気候になり、外出やオシャレもより楽しくなってきましたね。朝晩はもう長袖でないと肌寒いほど……。夏~秋へと季節がシフトするこの時期に気を付けたいのが「冷え」。ついつい夏気分の名残で半袖や裸足で過ごしたり冷たい飲み物ばかり飲んでいると、いつの間にかカラダが冷えてしまいます。体調を崩さないためにも、冷えはしっかり未然に予防しましょう。

●まずは「3つの首」を温めるべし!

冷えを予防するにはまず「3つの首」を温めること。「3つの首」とは「首」「手首」「足首」のこと。お洒落のためにはこの「3つの首」を見せた“抜け感”のあるファッションが女性らしさも増して素敵ですが、せめて家の中では「3つの首」を温める服装を意識しましょう。特に足首は意外と冷えやすい部分。妊活中の方や妊娠中の女性は特に冷やさないように意識して下さいね。靴下を一枚履くだけでもかなり違ってきますよ。

冷えのイメージ

●初秋におススメの食材

カラダを温めるには、服装に気を付けるなど外側からのケアと同時に、食べ物や飲み物でカラダの中から温めることも大切です。初秋のこの時期、特におすすめの食材は「カボチャ」。カボチャは夏野菜のため、初秋のこの時期は旬の名残(旬の終わりかけの時期のこと)まだまだ栄養価も高く、美味しい国産カボチャが安価で多く出回ります。

ではカボチャが持つビューティーパワーについてご紹介していきましょう。

1 ビタミンEが豊富

カボチャにはビタミンEが豊富に含まれており、その含有量は野菜類の中ではトップクラス!ビタミンEには血管の収縮を押さえて血流を良くする働きがあります。血流が良くなると栄養素がカラダの隅々まで運ばれ、巡りの良い健やかなカラダに。カラダの巡りが良くなることで、冷え知らずのポカポカBodyが手に入ります。

またビタミンEは細胞の酸化(老化)を防ぐ抗酸化作用が高い栄養素の代表選手でもあります。細胞の酸化を防ぐことは美肌作りはモチロン、ガンや動脈硬化など生活習慣病の予防にも役立ちます。真夏の紫外線や溜まった疲れでお肌やカラダの細胞たちは意外とダメージを受けているもの・・・ビタミンEを積極的に食生活に取り入れて、カラダの中からしっかりケアしたいですね!

2 そのほかの嬉しい栄養素

カボチャにはビタミンE同様、抗酸化作用が高いビタミンAビタミンCも多く含まれています。3つの抗酸化ビタミンは相乗効果で血流促進や肌荒れ予防風邪予防などの働きが強まります。全て揃っているカボチャは抗酸化食材の理想とも言えます。他にも整腸作用がある食物繊維や、むくみ予防のカリウムも豊富なのでカラダのデトックスにもおススメです。

3 美味しいカボチャの選び方と保存方法

カボチャはずっしりと重く、オレンジ色が濃いものがおススメ。種・ワタの部分が乾燥していないものが新鮮な証拠です。購入後はまず、傷みやすい種・ワタ部分をナイフやスプーンで取り除きましょう。

一度に食べきれない場合は、食べやすい大きさにカットしたものを蒸してから、もしくは皮を除いて蒸したものをマッシュしてから使いやすい分量に分けてラップに包み、冷凍保存用袋に入れて冷凍すると良いでしょう。

加熱してから冷凍保存しておくことで、好きな時にさっと使え、時短調理が可能になるのでとても便利ですよ。マッシュしておけばコロッケやスープもすぐに作れます。

カボチャのイメージ

いかがでしたか?

冷え予防にもアンチエイジングにもデトックスにも嬉しい栄養満点のカボチャ。体調を崩しやすい季節の変わり目は栄養満点食材を上手に取り入れ、真夏の疲れをしっかりケアしたいですね。カラダの中からキレイを磨き、健やかでキレイな自分で秋を迎えましょう。

【参考文献】「決定版!節約・冷凍レシピ」(宝島社)

決定版!節約・冷凍レシピ

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

執筆者

インナービューティー研究家・フードコーディネーター。「インナービューティー」を軸とした自宅での少人数制レッスン、メディア…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる