【徹底解説】何が違う?脚が細い人・太い人 【徹底解説】何が違う?脚が細い人・太い人
画像出典: fotolia

【徹底比較】何が違うの?脚が細い人・太い人!

2018年10月21日
こんにちは!下半身痩せ専門パーソナルトレーナーの飯沢芳明です。脚が細い人と太い人の間には一体どのような違いがあるのでしょうか?下半身痩せの専門家として、年間200名以上のクライアントを担当する筆者が、その違いを徹底解説します。

脚の太さの違いはどこからくる?

脚が細い人と、そうでない人の違いは一体どこから来るのでしょうか?それは日々の行動習慣にあります!脚が細い人がやっている行動と、太い人の行動には明らかな違いがあります。

そこで今回は、両者の違いを徹底比較することで、なぜ脚が痩せないのか?という原因を明らかにしていきましょう。

脚
画像出典: fotolia

【徹底比較】脚が細い人・太い人の行動

一つでも当てはまるものがあれば、すぐに改めましょう。早速チェックです!

■良く動く ⇔ あまり動かない
普段の活動量は多いでしょうか?それとも少ないでしょうか?痩せるために必要な事は、適切な筋肉を適度に使うという事です。日頃の活動量が少なければ、自然と脂肪が付きやすいカラダになり、脚は太くなっていくでしょう。

■歩幅が広い ⇔ 歩幅が狭い
脚が細い人のなかで、小股で歩くちょこちょこ歩きをあまり見かけません。例えば、モデルウォーキングの講座で、小股歩きを指導されると思いますか?歩幅の広さは脚の細さと比例すると思って大きな歩幅を心がけましょう。

■姿勢が良い ⇔ 姿勢悪い
猫背や反り腰など、姿勢が悪いが故に脚が太くなっているケースがあります。だからといって、ただ背筋を伸ばせば良いかというと、これは逆効果です。姿勢を保つような筋力をつけなければ根本的な解決になりません。運動を行い細い脚を実現しましょう。

■股関節が柔らかい ⇔ 股関節が硬い
股関節が硬いと、下半身痩せに必要なお尻や内ももの筋肉が上手く働かず、脚の前側やふくらはぎなどに筋肉がつき、結果的に脚が太くなってしまいます。日頃から股関節を柔らかくするようなストレッチを行う必要があるでしょう。

脚
画像出典: fotolia

【実践動画】股関節を柔らかくするストレッチ!

脚が細い人と、そうでない人の違いを比較しました。なかでも今回は股関節の硬さを解消するストレッチをご紹介します。ご自宅で簡単に出来るストレッチです。ぜひ、実践してみましょう!

■内もものストレッチ

1. 四つん這い姿勢をとります。
2. 伸ばしたい側の脚を真横へ伸ばします。
※この時、つま先を正面へ向け足裏は床に着いていることを確認します。
3. 背筋を伸ばしたまま、手で床を押すようにカラダを後方へ引きます。
4. 内ももにストレッチを感じたら、また元の位置に戻ります。
5. この動作をリズミカルに10回繰り返します。反対も同様に行いましょう!

脚やせできない人がする間違い

脚やせ出来ない人は、引き締めるために鍛えれば良いのだ!と考えがちです。
しかし、これが間違いの元なのです!

鍛えるばかりでは余分な筋肉が付いてしまい、逆に筋肉太りを起こしてしまいます。脚やせはカラダの使い方です。まずはストレッチなどを行い、ちゃんと股関節が動くか?筋肉はちゃんと使えているか?という視点を持つようにしましょう。それが脚やせの第一歩です!

以上、下半身痩せ専門パーソナルトレーナーの飯沢芳明でした。

執筆者:
飯沢 芳明

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい