ウエストのくびれと左右の歪み解消が同時にできちゃう時短エクササイズって!? ウエストのくびれと左右の歪み解消が同時にできちゃう時短エクササイズって!?
画像出典: fotolia

『くびれ&歪み解消!』美ボディになれちゃう時短エクササイズ♡

2018年10月17日
こんにちは。ピラティス&ゴルフピラティスインストラクターの太田です。今回は、バランスボールを使って気持ちよく伸びるだけで、左右の歪み解消、さらにはウエストのくびれも作れちゃうという、時短エクササイズです。

1.スタートポジション

マットの真ん中より少し右にバランスボールを置き、ボールの左に膝立ちになります。

2.上半身をボールに預けます

上半身を右に倒し、左手でボールを支えながら、ボールに上半身を預け、右手をボールの右にセットします。右膝は曲げたまま、左脚を伸ばします。

エクササイズ
画像出典: 美LAB. 

3.右膝を伸ばします

上半身をボールに預けたまま、バランスを保ちながら、右膝を伸ばします。

エクササイズ
画像出典: 美LAB.

4.左腕を伸ばします

さらに、バランスを保ちながら、ボールの上乗せている左手を放し、左腕を頭の上に伸ばします。

左足で床を押しながら、左の指先まで、左サイドを気持ちよく伸ばします。

エクササイズ
画像出典: 美LAB. 

5.スタートポジションに戻ります

左手をボールの上に戻し、左膝を曲げて床に付けます。バランスを保ちながら、ゆっくりスタートポジションに戻ります。3セット繰り返します。同様に逆サイドも行います。

6.ポイント

1:ボールに上半身を預けるときは、脇の下でボールを抱えるようにしながら体重をボールに乗せて、安定できるポジションを作りましょう。体重を乗せた時に中途半端だと、ボールが動いてしまいますので、ボールの上にしっかり体重を乗せましょう。

2:エクササイズ中、左脇を伸ばしているときは、左足でしっかりエッジを作り、安定させ、体幹部が前に倒れてこないように気をつけましょう。

3:エクササイズ中、お腹は背中の方に引き寄せておきましょう。

4:左脇を伸ばしているときは、お腹を中心に、左手はさらに上に伸ばし、左足は床を押し、両端で引っ張り合うように伸ばしていくとさらにストレッチ効果がアップ、さらにはウエストが引き締まってきます。

5:スタートポジションに戻るときは、手に頼らず、両脇腹を使いながら上半身を起こしてきましょう。

不安定なバランスボールの上でストレッチを行いますので、体幹のトレーニングにもなりますよ。

執筆者:
太田 律子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい