ピラティスの定番!Cカーブエクササイズのやり方 ピラティスの定番!Cカーブエクササイズのやり方
画像出典: 美LAB.

腰や腹筋に効く!ピラティスの定番「Cカーブエクササイズ」

2018年04月04日
こんにちは。美姿勢&アウトドアヨガ・ピラティスインストラクターの美宅玲子です。皆さんはピラティスの名前を聞いたことがありますか?体験したことはありますか?横文字の名前から、難しそうと思われることが多いのですが、もともとはリハビリとしても用いられていた、ベッドの上でできるようなエクササイズでもありました。今回は、そんなピラティスの中で定番で基本的なエクササイズ、Cカーブについてご紹介いたします。

Cカーブエクササイズのやり方

両膝を立てて座ります。両手を膝裏に置き、息を吸って骨盤を立て背筋を上に伸ばします。息を吐きながら骨盤を後ろに倒し、お腹を凹ませてももから遠く引き離すようにします。

その結果、骨盤から背骨にかけてCの字のカーブを描きます。これがCカーブです。背骨と背骨の間を引き離すようなストレッチのイメージを持ちます。息を吸いながら元に戻ります。

Cカーブエクササイズ
画像出典: 美LAB.

Cカーブエクササイズのコツ

頭の位置をあまり変えずに、骨盤を後ろに倒すことで、Cの字を描くことができます。カーブを作ろうとするあまりに、首を曲げすぎたり首をすくめたり、肩を持ち上げたりすることがないように、視線はやや遠くの方を見ておくといいでしょう。

フェイスタオルを持って、両足にかけてCカーブを行うと、背骨の間を引き離すストレッチを感じやすくなります。

Cカーブの効果

普段、背中や腰の緊張が強く、張っている人は、気持ちのいいストレッチになります。

腹筋が弱く、お腹やお尻が突き出ている人も、腰や背中の緊張が強くなってしまう傾向があるので、Cカーブを作りながらお腹を薄く凹ませる練習をするといいでしょう。

ただし、腰を丸めると痛みが強くなる腰椎椎間板ヘルニアなどをお持ちの方はやらないようにしましょう。

おわりに

いかがでしたか?とてもシンプルでやさしいエクササイズですが、効果は絶大です。気持ちのいい腰のストレッチと、腹筋への刺激を感じてみてください。

執筆者:
美宅 玲子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数