くすみやクマが気になる‥パッと明るいお肌の印象に!コントロールカラーの選び方 くすみやクマが気になる‥パッと明るいお肌の印象に!コントロールカラーの選び方
画像出典: fotolia

アラサー・アラフォー必見!『クマやくすみをカバーする』コントロールカラーの選び方

2018年10月02日
くすみやクマ、頬の赤みなどお肌の気になる部分をメイクでカバーしたいですよね。ですが、ファンデーションを厚塗りしたりメイクが濃すぎるのも・・・。そんな時にオススメなのが、コントロールカラーを活用すること。自分の悩みにあったコントロールカラーの選び方をご紹介します。

コントロールカラーを上手く活用しましょう!

ついついファンデーションを重ねがちになっていませんか?

最近ではバッチリメイクよりもナチュラルメイクが流行で、厚塗りだとかえって老けて見えがちに・・・。そんなナチュラルメイクでも、しっかりとお悩みの部分をカバーするお助けアイテムでもある、コントロールカラーを上手く活用してみましょう。

メイク
画像出典: fotolia

■自分の悩みは何か?何をカバーしたいか?を明確にしておくこと

・お肌全体のくすみやシミが気になる
・目元のクマが気になる
・ニキビ跡や頬の赤み
・色素沈着が気になるなど

お肌をキレイに見せるためには色のバランスを整えることが、キレイに見える秘訣です。日頃のスキンケアによって、お肌そのものの状態を整えておくことはもちろんのこと、メイクによってさらにカバーができると良いですね。

メイク
画像出典: fotolia

■コントロールカラーの選び方

・お肌全体のくすみやシミやクマが気になる場合は「イエロー」「オレンジ」
・黄くすみが気になる場合は「ブルー」「パープル」
・ニキビ跡や頬の赤みをカバーしたい場合は「グリーン」
・お肌の血色が悪い、健康的な肌色に見せたい場合は「ピンク」

全体的にベタ塗りするのではなく、気になる部分に分けてコントロールカラーを塗り、優しくなじませましょう。

カバーしたい時にBBクリームやクリーム、リキッドファンデーションなどを使いがちですが、おすすめなはパウダーファンデーションを大きめのブラシで取り、顔の中心から外側に広げるように乗せることが、きめ細やかなお肌の印象に仕上げるコツ。

気になる部分は隠したい、だけど厚塗りではないキレイな肌を作りたい!という方は参考にしてみてくださいね。

執筆者:
寒川あゆみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい