35歳からの白髪予防でしっとり黒髪になる30秒頭皮マッサージ。 35歳からの白髪予防でしっとり黒髪になる30秒頭皮マッサージ。
画像出典: fotolia

35歳からの白髪ケア!しっとり黒髪を育てる30秒頭皮マッサージ

2018年09月19日
みなさん、こんにちは! 美容鍼灸・整体師の横内稚乃です。9月も半ばを過ぎて、吹く風が冷たくなってきましたね。空気が乾燥し、冷えてくると髪がぱさつきやすくなったり白髪を発見したりと悩むことはありませんか?というわけで、今回は、「35歳からの白髪ケア!しっとり黒髪を育てる30秒頭皮マッサージ」について伝授します。

◆35歳から白髪が気になりはじめる理由とは?

まず、白髪ができる原因は、30代半ばぐらいになると髪の毛を作る毛母細胞の働きが弱くなり、黒髪の元となるメラニン色素が減少することが考えられます。

白髪は遺伝的要素が強いと言われる傾向があります。しかしながら、仕事やプライベートなどで精神的なストレスがたまっていると頭皮の血流が悪くなりやすく、白髪が発生しやすくなってしまうのです。また、過度のダイエットを繰り返すことも髪の毛の栄養分不足で抜け毛や白髪の原因の一つとなりえるでしょう。

その他、カラーリングで頻繁に髪の毛の色を変えたり、パーマをかけたりすることも、髪が傷み、色素細胞が劣化する原因になりやすいのです。

画像出典: fotolia

◆35歳から白髪を予防する美髪習慣

生活習慣を見直して、しっとり黒髪をキープしましょうね♪

1.チーズやヨーグルトなどの乳製品を多めに食べましょう。
乳製品には、アミノ酸の一種のチロシンが豊富に含まれており、黒い色素のメラニンの生成を促すと考えられています。つまり、メラニン色素を増やすことで、白髪の予防効果が期待できます。

2.禁煙しましょう。
ストレスがたまっていて、タバコを吸ってしまうことはありませんか?タバコを吸うことで、メラニン色素を活性化するビタミンB12が破壊されやすく、白髪の直接の原因となる過酸化水素水を分解するビタミンCも失われてしまう傾向があるのです。

画像出典: fotolia

3.日中に外出する時は帽子をかぶりましょう。
秋が深まってきたとはいえ、1年中紫外線は降り注いでいると考えられます。帽子をかぶっていないと紫外線の影響で、頭皮や髪の色の元となる色素幹細胞が傷つきやすくなる傾向があります。帽子をかぶることで、紫外線から髪の毛を守りましょうね。

◆35歳からの白髪ケア!しっとり黒髪を育てる30秒頭皮マッサー

寝る直前に頭皮マッサージすることで、熟睡へと導き成長ホルモンが分泌されやすくなりますよ♪

1.首の付け根、後頭部に両手の指の腹を4本ずつ当て、上下に揺らしましょう。
頭の重みで、後頭部の頭皮が硬くなりやすい傾向があるので、強めに指で押してくださいね。頭皮が柔らかくなることで血流の改善効果が期待でき、栄養分が髪の毛に行き届きやすくなりますよ。

2.前頭部の生え際に両手の指の腹を4本ずつ当て、頭頂部まで滑らせましょう。
髪の毛の生え際は、血管が細いので血液循環が悪くなりやすい傾向があるのです。指の腹で髪の毛の生え際をしっかりとマッサージしてくださいね。

3.両手をグーの形にして側頭部の生え際を、ぐりぐりと軽くもみほぐしましょう。
側頭部の凝りがほぐれやすく頭皮の筋肉が柔らかくなり、髪の毛が丈夫になりやすいですよ。頭皮マッサージでしっとり黒髪を保ちましょうね!

執筆者:
横内 稚乃

LINE@で美LAB.を

友だち追加数