出っ尻を改善するなら、このエクササイズがおすすめです! 出っ尻を改善するなら、このエクササイズがおすすめです!
画像出典: fotolia

出っ尻を改善するなら、このエクササイズがおすすめ!

2018年08月27日
皆さん、こんにちは!姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。皆さんは、出っ尻を改善する時にどんなことを行いますか?今日は、出っ尻を改善していくための、おすすめのエクササイズをご紹介いたします。

出っ尻になる要因は?

なぜ出っ尻になってしまうのでしょうか?これには、いくつかの要因が挙げられます。

・お尻の筋肉の肥大
・お尻に脂肪がつく
・姿勢の変化
・浮腫み


おもに、これらが挙げられるかなと思います。今回は1つめの「お尻の筋肉の肥大」する理由についてスポットを当てて、お話ししていきますね。

まず、お尻の筋肉の肥大してしまう要因ですが、簡単に言ってしまえば、お尻の筋肉を使い過ぎているからです。このようにいっても、きっと多くの方が、「そんなことない!」と思うはずです。

確かに実感として、使っている意識はないと思いますが、ある状態になっていると、使っている意識がなくてもお尻の筋肉を使い、肥大してしまうことを助長しているのです。そのある状態とは・・・骨盤の前傾です!

骨盤が立位の状態で前傾状態になってしまうと、身体が前に倒れるような状態になるのです。それをカバーするためにお尻の筋肉が力を出し続け、前に倒れないようにするのです。

お尻
画像出典: fotolia

骨盤が前傾する要因は?

では、なぜ骨盤が前傾するような状態になってしまうのでしょうか?これには複数の要因が考えられます。

1:お尻の筋肉の弱化
2:脚の付け根の筋肉が硬く、短縮する
3:お腹の力が抜けやすくなっている


これらが主に考えられます。まず1に関してですが、これはデスクワークなど座っている時間が長いと、下半身の筋肉を使って動くことがなくなり、それにより下半身の筋肉の力が落ちてしまった結果、このようになってしまうものだと考えます。

2に関しても、長時間のデスクワークにより、脚の付け根の筋肉が硬く、短縮してしまいやすくなります。

3に関しては、運動する習慣がなくなってくると、身体全体の筋力が落ちてきやすくなります。すると、お腹を締める筋力が落ちてしまい、それに伴って、骨盤の前傾を誘発しやすくなります。

お尻
画像出典: fotolia

出っ尻改善エクササイズ

では、実際に骨盤前傾を改善してくためには、どのようなエクササイズがいいのでしょうか?それは、こちらです。ヒップリフトという種目です。こちらのやり方は、以下の通りです。

1:足を広げる際に、膝の中心部分と足の指の人差し指が縦一直線に並ぶようにします。
2:左右の太ももの間に畳んだタオルを挟み、それを落とさないように挟んだ状態のような力を入れつつ、お尻を挙げていく。
3:15〜20回を1セットとし、2〜3セット行う。

出っ尻改善エクササイズ
画像出典: fotolia

まとめ

いかがでしたか?出っ尻になるには、ただ脂肪がつくわけでなく、骨盤の傾きなども関わってくるのです。もしかしたら、これを行うだけで、今まで改善できなかった方が、改善していくかもしれません。ぜひ行なってみてください。

また今回ご紹介したのは、エクササイズのみです。他の部位の筋肉を伸ばすストレッチやエクササイズも同時進行で行なっていくと、より改善できるかもしれません。

その点も含めて行なってみてください。

執筆者:
北村 智哉

LINE@で美LAB.を

友だち追加数