暑さに負けない身体になろう!栄養満点!「枝豆入りまん丸卵焼き」 暑さに負けない身体になろう!栄養満点!「枝豆入りまん丸卵焼き」
画像出典: 美LAB.

暑さに負けない身体に!栄養満点「枝豆入りまん丸卵焼き」

2018年07月30日
ビールのおつまみや、二日酔い防止のイメージが強い「枝豆」ですが、大豆には含まれていない栄養が含まれています!美容効果も期待でき、夏バテ予防にも効果的と言われている「枝豆」を使った簡単レシピもご紹介させて頂きます。是非お試しくださいね!

大豆にはない栄養素「ビタミンC」

大豆の未熟時に収穫した物が「枝豆」で夏の晩酌の定番ですが、「枝豆」には、大豆には全く含まれていない「ビタミンC」が豊富に含まれています。ビタミンCは、美肌を作るのに欠かせません!

ビタミンCは、アスコルビン酸とも呼ばれ、強力な還元型でコラーゲンの合成促進や活性酸素の除去などもします。

また、体内で合成されず、すぐに体外に排出されてしまうので毎日こまめに摂取する事をオススメします。喫煙する人、ストレスの多い人は、不足しやすい栄養素なので積極的に摂取するようにしましょう!

枝豆
画像出典: fotolia

枝豆の栄養と効果

薬膳では、「気」を補うことで「血」の巡りをよくするので夏バテ予防、食欲不振、疲労回復、めまいやかすみ目といった血不足の症状にも効果的と言われています。暑くて食欲不振の人には、オススメの食材です。

枝豆のたんぱく質に含まれる「メチオニン」には、アルコールの分解を促し、肝機能の働きをサポートする働きあるので晩酌のおつまみには、ピッタリです。食物繊維も含まれているので腸内環境を整え、便秘解消効果も期待出来ます。

枝豆には。タンパク質、糖質、脂質、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウムが含まれていて栄養もたっぷりですが、葉酸も多く含まれていので貧血気味の人にもオススメです。葉酸が、不足すると肌荒れの原因にもなると言われているので不足しないように気を付けたいですね!

栄養満点!「枝豆入りまん丸卵焼き」レシピ

おつまにも朝食にもピッタリですよ!

枝豆入りまん丸卵焼き
画像出典: 美LAB.

材量

<2人分>
卵(Mサイズ)・・・2個
枝豆(さやから取り除いて)・・・30g
(A)マヨネーズ・・・大さじ1/2
(A)粉チーズ・・・小さじ1
(A)塩、胡椒・・・少々
オリーブオイル・・・小さじ1

作り方

1、薄皮を取り除きボウルに入れる。

枝豆入りまん丸卵焼き
画像出典: 美LAB.

2、ボウルに卵、Aを入れてよく混ぜる。

枝豆入りまん丸卵焼き
画像出典: 美LAB.

3、フライパンにオリーブオイルを入れ熱し、表面が固まるまで、弱めの中火~中火で2~3分焼き、一度皿にスライドさせてから、ひっくり返して更に2~3分焼く。

枝豆入りまん丸卵焼き
画像出典: 美LAB.

ポイント

●焼き時間は、目安にしてください。
●20cmテフロン加工フライパンを使用しました。
●皿にスライドさせてひっくり返すと、失敗しにくいです。
●そのままでも美味しく食べられますが、お好みでトマトケチャップをかけても美味しく食べられます。

執筆者:
吉田理江

LINE@で美LAB.を

友だち追加数