軽減方法あり!柔軟性を高め血行を促進する「座位前屈のポーズ」 軽減方法あり!柔軟性を高め血行を促進する「座位前屈のポーズ」
画像出典: fotolia

身体が硬くてもできる!柔軟性UPや疲労回復に効く「座位前屈のポーズ」

2018年07月31日
こんにちは、コラムニストの愛子です。今回ご紹介するのは、定番の前屈ポーズ。体が硬い方向けの方法もあるので、ぜひトライしてくださいね!

パスチモッターナ・アーサナ(座位の前屈のポーズ)

パスチマは「西」「体の後面」を意味し、後面全体が伸びるポーズであるため、この名が名付けられました。

またこのポーズには別名が複数あります。
・ウグラ・アーサナ:ウグラ=素晴らしい、力強い、高潔な
・ブラフマチャリヤ・アーサナ:ブラフマチャリヤ=自己制御、独居の生活、宗教研究

(1)足を前に伸ばして座る。骨盤を立てておく。
(2)息を吸いながら両腕を持ち上げ、背筋を伸ばす。
(3)息を吐きながら腰から体を折り曲げ、お腹と太ももを近づけ、両手の親指、人差し指、中指でそれぞれの足の親指を掴む。

パスチモッターナ・アーサナ
画像出典: 美LAB.

(4)息を吸いながら、腰から背中を斜め上に伸ばしお腹を引き締める。
(5)息を吐きながら、体をさらに倒してお腹、胸、額を足に近づけ、余裕があれば肘を外に開く。5呼吸を目安にキープ。

パスチモッターナ・アーサナ
画像出典: 美LAB.

(6)余裕があれば、さらに腕を伸ばして両手で足裏を抱えるか、手の平を床につける。

パスチモッターナ・アーサナ
画像出典: 美LAB.

(7)息を吸いながら両腕を持ち上げ、それに引き上げられるようにして体を起こす。
(8)息を吐きながら両腕を下ろし、(1)の状態に戻ってリラックスする。

軽減方法

無理に手を遠くに伸ばしたり、体を脚に近づけようとしたりしても、伸ばすべき部位が伸びず効果が出なくなります。下写真のように腰が丸くなるのはNGです。

NG
画像出典: 美LAB.

もし辛い場合は写真のように、お膝を曲げてキープしましょう。腰を伸ばし、下腹と前ももを近づけてください。

軽減方法
画像出典: 美LAB.

そして余裕があれば、息を吸って腰から背中を伸ばし、息を吐きながら前屈して額を脛に近づけましょう。

軽減方法
画像出典: 美LAB.

効果

・背中の柔軟性を高め、疲れを取り除く
・太もも、ふくらはぎの柔軟性を高める

・内臓機能が活性化する
・腰周りの血行を促進
・生理不順や更年期障害を緩和する
・疲労回復
・ストレス解消
・お腹を引き締める

おわりに

楽過ぎてもきつ過ぎても良い効果は出づらいもの。「キツイけど気持ちいい」と感じられる強度で行うのがコツです。お体の状態に合わせて行ってくださいね♪

執筆者:
愛子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい