たるたる二の腕になっていない?引き締まった二の腕を維持する方法をエステティシャンが伝授 たるたる二の腕になっていない?引き締まった二の腕を維持する方法をエステティシャンが伝授
画像出典: fotolia

ほっそり腕が続く。たるたる二の腕とサヨナラする方法

2018年07月02日
夏が近づいてくると腕が出る服を着る機会が増えてきます。そんな時にふとたるんでいると思うと、一気に隠したくなるもの。オバサンサインを出さないためにも、引き締まった二の腕を維持する方法をエステティシャンである筆者がご紹介します。

引き締まった二の腕を維持する方法

(1)スリミンググリームで余分な脂肪や老廃物を排除
入浴後に脂肪や老廃物を流す効果のあるスリミングクリームを、二の腕から脇のリンパに向かって塗り込みながらマッサージをしていきましょう。

(2)二の腕ストレッチ1
頭の上で手を組み、片方の手でひじを持ち上げるように引っ張り、左右交互に10回ほど肩甲骨、二の腕の後ろ側を伸ばしましょう。この時姿勢はまっすぐに腹筋を伸ばしましょう。

(3)二の腕ストレッチ2
体の後ろで手を組みます。この時手のひらは外側、手の甲が腰側を向くように。手を組んだままゆっくりと上がるところまで腕を持ち上げ、少し痛いところで10秒キープを3セットおこないます。この時もできるだけ体はまっすぐ伸ばして、肩を開くように意識しましょう。

二の腕ストレッチ
画像出典: fotolia

(4)冷やさない、温める
夏のファッションで露出した時間が続いた場合は、帰宅した後に必ず入浴でしっかり体を温めましょう。汗や空調によって体が冷えていると血流が悪くなるだけではなく、むくみや凝りの原因となるほか、リンパの流れが悪くなる原因や脂肪を溜め込みやすくなるため、温めるように意識しましょう。

(5)姿勢をまっすぐに肩甲骨を意識して
特に二の腕に大きく関係あるのは背中や肩甲骨、脇のリンパです。日頃から歩く時や座る姿勢でも肩を開き、肩甲骨を開く意識をしておきましょう。背中がスッと伸びるだけでも血行促進や凝り、リンパの詰まりにも大きく関わります。

姿勢をまっすぐに
画像出典: fotolia

二の腕の脂肪はなかなか落としにくく、ほっそりとさせるのは難しい場所だからこそ、日頃からケアや意識をすることが大切な場所です。

二の腕を引き締めようと思うと、二の腕の上側を鍛えがちになりますが、二の腕のたるみはの下側の筋肉を引き締めること、肩甲骨を開き背中の筋肉を鍛えることが、引き締まった二の腕に見えるポイント。

余分な老廃物や脂肪は溜め込まずに、キュッと引き締まった腕で夏のファッションを楽しみませんか?

執筆者:
寒川あゆみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数