お米を食べてやせる!体脂肪を燃焼させる「ごはん」の食べ方 お米を食べてやせる!体脂肪を燃焼させる「ごはん」の食べ方
画像出典: fotolia

お米を食べても痩せる!?体脂肪を燃焼させるごはんの食べ方

2018年06月24日
ダイエット中はお米を食べるのをためらいがち。エネルギー源となる糖質は、過剰摂取したぶんだけ体内に体脂肪として蓄えられてしまうからです。糖質が豊富な「お米」ですが、上手に食べればダイエットの敵ではありません。むしろ代謝を高めて痩せやすい体質に整えてくれるんですよ。

ごはんのダイエット効果

お米を炊いたごはんには、糖質だけでなく食物繊維や水分がたっぷり。エネルギーとして活用されやすく、体脂肪をメラメラ燃やすサポートをしてくれます。

また、パンや麺類と比べて脂質や塩分がとても少なく、太りやすい要素があまりないこともダイエットに活用したいポイントの1つです。

しっかり噛んで食べることで、満足感を高めることができるのもごはんの魅力です。食事を楽しみながらダイエットを成功へと導くことができます。

お米
画像出典: fotolia

ダイエット効果を高めるには「雑穀米」がおすすめ

ごはんの中でもより痩せやすいものとしておすすめなのが「雑穀米」。雑穀にはビタミンやミネラルも豊富。消化・吸収のはたらきをサポートし、代謝を高めるのに役立ちます。白米よりも噛み応えがあり、満足感を高めやすいですよ。

ごはんは「たっぷり」食べていい!

食事のうち、50〜60%をごはんにしましょう。エネルギー源が不足しているのに身体を激しく動かしてエネルギーを消費することは、とても難しいもの。エネルギー源をしっかり取り入れることで、運動効果も高まります。

ごはんに合わせるものは?

おかずとしておすすめなのは、たんぱく質が豊富な肉や魚、卵、豆製品、乳製品など。また、代謝を高めるビタミン・ミネラルが豊富な野菜や果物も忘れずに。ごはんをたっぷり食べる場合は、やや小ぶりのお皿でおかずを食べましょう。お味噌汁を具沢山にすると、野菜や海藻類をたっぷり摂ることができておすすめです。

味噌汁
画像出典: fotolia

ごはんが大好きな人は、ごはんを食べて痩せましょう!我慢ばかりのストレスフルな食事は、美しい身体を作りません。ぜひ、食べ方を工夫して“痩せる”ごはんにしてくださいね!

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数