矯正下着で骨盤が歪む・太る!? 矯正下着で骨盤が歪む・太る!?
画像出典: fotolia

矯正下着で身体が歪む!?太りやすい体質になってしまう理由

2018年06月19日
もっとウエストを細くしたい!バストアップしたい!そう思っている人ほど、ガードルや矯正下着は魅力的に感じますよね。でもそこには落とし穴が!体をきつく締めつけると、骨格が変わってしまったり、太りやすい体質になったりしてしまう恐れがあります。

内蔵の位置が変わることも!?

締め付ける衣類でボディラインをスリムに矯正するということは、無理やり体脂肪を内側にしまい込んでいるということ。内蔵が圧迫されて位置が変わってしまったり、骨格が歪んでしまったりする恐れがあります。

また、体をきつく締め付けると血液やリンパ液の循環が滞り、代謝が低下しやすくなります。むくみや太りやすい体質を招くので注意が必要です。

下着は「ぴったり」サイズをチョイス

体に負担をかけずにバストを支え、ヒップを包み込むものは、やはりぴったりサイズのもの。身につけていて苦しいものは、体を圧迫している可能性が高いので試着時にしっかりチェックしましょう。

バストをしっかり支えられるものを選びたい場合は、サイズを小さくするのではなく強制力の高いカップの形を選びましょう。ウエストラインを綺麗に見せてくれる腹巻タイプのパンツを選ぶ際は、きつすぎないものを選んでください。

下着は「ぴったり」サイズ
画像出典: fotolia

ボディラインは運動で引き締める!

下着だけでなんとかしようとすると、引っ込めたぶんだけ内側に負担がかかります。一時的なものならともかく、それが長期間続けば体調を崩してしまうことも。ボディラインは、動いて、鍛えて引き締めましょう。

矯正効果のある下着も、締め付けすぎないものを選べば、ボディラインをより魅力的に見せてくれるサポート役になります。ぜひ「ぴったりサイズ」を合言葉に、体を苦しめないものをチョイスしてくださいね。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

ダイエットカテゴリから探す