美容鍼灸師が伝授!赤ら顔の悩みを解消する・美白のツボマッサージ法 美容鍼灸師が伝授!赤ら顔の悩みを解消する・美白のツボマッサージ法
画像出典: fotolia

美容鍼灸師が伝授!「赤ら顔」を解消する美白のツボマッサージ

2018年05月28日
みなさん、こんにちは!美容鍼灸・整体師の横内稚乃です。夏本番に向けて、美白したいですよね。しかし、冷房が効いた室内から気温が高い屋外へ出ると、顔の赤みがひどくなり、ファンデーションを厚塗りしても隠せなくて悩むことはありませんか?

今回は、赤ら顔の悩みを解消するツボマッサージ法について伝授します。

◆赤ら顔になる原因とは?

お肌には本来バリア機能があり、紫外線などの刺激から守られているのです。ところが、バリア機能が低下することで、お肌が乾燥しやすくなります。顔には毛細血管が集中しており、皮膚が薄いことで血液が透けて見えやすくなるのです。

また、30代後半ぐらいから、お肌の保湿成分のセラミドの量が年々減少傾向にあり、刺激の強い洗顔料の使用や顔をゴシゴシ洗うことで肌が荒れやすく、外部からの刺激を受けやすくなり、赤ら顔を悪化しやすいのです。

赤ら顔になる原因
画像出典: fotolia

◆赤ら顔を改善に導く美肌習慣

紫外線がますます強くなる季節に、透明感あふれる美白を保ちましょう!

1.辛いものなど刺激の強い食事を控えましょう。

辛い食べ物は毛細血管が拡張し、赤ら顔の原因になってしまうので控えめにしてくださいね。トマトなどの夏野菜には抗酸化作用があり、紫外線からお肌の酸化を守ってくれるためオススメですよ。

2.コーヒーなどのカフェイン飲料を控えめにしましょう。

カフェイン飲料は、血流が増加しやすく顔の赤みが目立ちやすくなるので控えてくださいね。ローズヒップティーなどのハーブティーがおすすめですよ。ローズヒップはバラ科の植物で最もビタミンCが豊富で美肌効果が期待できますよ。また、ビタミンEや鉄分も豊富でシワやたるみの予防にもつながりやすいです。

3.リラックスできる時間を作りましょう。
自律神経の交感神経が活発になっていると、常に緊張状態になりやすいのです。深呼吸するなど、リラックスすることで、副交感神経が優位になり、毛細血管の拡張を防ぎやすくなります。

赤ら顔を改善に導く美肌習慣
画像出典: fotolia

◆美容鍼灸師が伝授!赤ら顔の悩みを解消する・美白のツボマッサージ法

赤ら顔が気になるときは、朝晩2回ツボ押ししてみてください。

1.陽白(ようはく)
眉の上、指一本上にあるツボで、瞳の真上にあるツボです。陽白の左右のツボに人差し指をあて、真下に10回押してくださいね。

陽白は美白効果が期待でき、顔全体の血流を促進へと導き、酸素と栄養分を行き届きやすくして、老廃物の排出を助けやすいです。顔のくすみの改善効果も期待できますよ。

2.人迎(じんげい)

首ののどぼとけの中心から指2本外側にある脈を感じるところにあるツボです。顔を上に向けて、人迎のツボに左右の人差し指にあて、のどぼどけに向かって10回押してくださいね。

肌の新陳代謝を促進へと導き、お肌の水分が増えやすくなります。そのことで、乾燥による赤みを改善しやすいですよ。

3.行間(こうかん)
足の甲側で親指と人差し指の関節の間の奥のくぼみにあるツボです。行間のツボを親指の肌で真下に強めに10回押してくださいね。

骨盤内の血流やホルモンバランスを整える効果が期待でき、その他、自律神経の高まりを抑えやくなり、顔に血液が集中するのを防ぎ、赤ら顔を改善へと導きます。

足ツボ
画像出典: fotolia

赤ら顔を改善へと導き、美白美人になりましょう!

執筆者:
横内 稚乃

LINE@で美LAB.を

友だち追加数