この差は大きい?!垂れ尻を桃尻へ変えたいなら”ココ””を鍛えよう この差は大きい?!垂れ尻を桃尻へ変えたいなら”ココ””を鍛えよう
画像出典: 美LAB.

お尻を鍛えるだけではダメ?垂れ尻を“桃尻”へ変えるエクササイズ

2018年05月28日
こんにちは!桃尻メイクトレーナーの鳥越玲子(AKICO)です。「自分のお尻に自信がない」そう悩む方は、服装などで隠してしまいがち。でも、隠せば隠すほど身体に対する緊張感がなくなって、ますますボディラインも緊張感のないものとなってしまうのです。そろそろ、そんなコンプレックスとも向き合い、解消するタイミングではありませんか?お手伝いします!

理想のお尻を目指すならお尻を鍛えるだけではダメ?

「お尻を上げたい!」と思う人がまず始めるエクササイズは、ヒップリフトやスクワットといった下半身を強化する定番のものが多いでしょう。でも、それだけではなかなか理想のお尻には近づけないかもしれません。なぜなら、お尻の状態によって必要となるエクササイズ、もっと強化すべきところがあるからです。

お尻が下垂気味なのか、それとも横に広がってしまっているのか、あなたのお尻はどんなタイプですか?もし横に広がってしまっているタイプなら、広がってしまった原因を解消する必要があります。

骨盤を横から支え、お尻全体を引っ張り上げる役割を持つ中殿筋や、今回ご紹介するエクササイズで強化できる内転筋(内ももの筋肉)に意識を向けることです。

その内転筋とつながる骨盤底筋群(骨盤の底の部分)も一緒に強化できる、一石二鳥のエクササイズにトライしてみましょう!

1.横向きに寝て、片脚を前方へ下側の脚はまっすぐに伸ばします

まずは腕を枕にして横向きに寝ます。この時、骨盤を床に対して垂直な状態にします。下側の脚はまっすぐに床に伸ばし、上側の脚は膝を曲げて身体の前方に置きます。

もしこの姿勢が不安定に感じる場合は、上側の脚の膝と床の間にクッションなどを挟むといいでしょう。

エクササイズ
画像出典: 美LAB.

2.膝を伸ばし、脚を上に持ち上げます。

下側の脚を床からゆっくりと持ち上げます。この時、膝を伸ばした状態で股関節、脚のつけ根から動かすことがポイントです。しっかりと内ももの筋肉を意識しながら行ないましょう。

脚を持ち上げてから下ろす時の注意点があります。それは、ゆっくりと脚を下ろすこと。それによってより筋肉への刺激が高まります。呼吸は、脚を持ち上げる時に吐き、下ろす時に吸います。まずは10回ほどを1~3セット行なってみましょう。

エクササイズ
画像出典: 美LAB.

おわりに

内転筋を鍛えることで、骨盤の開きやO脚の解消にもつながり、ヒップアップ効果だけではなくスラっと美脚&やせ体質になれるかも。さらに下半身の血流やリンパの流れを促進させるので、むくみや冷えの解消も期待できるでしょう!是非お試しください。

執筆者:
鳥越 玲子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数