水分はとった方がいいの?悪いの?ダイエットを効率よく成功へと導くには 水分はとった方がいいの?悪いの?ダイエットを効率よく成功へと導くには
画像出典: fotolia

水分はとった方がいいの?悪いの?ダイエットを効率よく成功へと導くには

2018年02月04日
「うるおい」と聞けばたくさんあってほしいと感じますが、「水毒」と聞けば飲んではいけないのではと怖くなる・・・そんな「水分」ですが、命を維持するためにも、体液循環をスムーズにして代謝を高めるためにも、必要不可欠です。どのくらい飲んだらいいか、わからない!?今回は、水との上手な付き合い方について考えましょう。

体重を減らしたいがために水分摂取を抑えると・・・?

体内の水分が不足すると、血液がドロドロになったり、老廃物を排出する役割を担うリンパ液の流れが停滞したりして、体内のはたらきが減退してしまいます。

こうなると、むくみや疲労の蓄積はもちろん、健康状態にも悪影響を及ぼしかねません。脱水症状になれば意識障害を起こすこともありますから、多重を減らすために水分摂取をがまんすることは避けましょう。

確かに水分を控えると体重は減りますが、体脂肪が減ったわけではありません。水分を取り入れれば元に戻るだけですから、体重計の数値に惑わされないようにしましょう。

水分補給
画像出典: fotolia

水も飲み過ぎれば毒になる

水を飲み過ぎてしまうと、今度は体内の塩分濃度が下がってうまく筋肉をうごかせなくなってしまいます。また、ガブガブ水分をとると胃液が薄まり、食事を消化する力が弱まります。食事で取り入れた栄養素を消費しきれずに溜め込んでしまうことも・・・。

また、冷たい飲み物の飲み過ぎは内臓を冷やし、そのはたらきを減退させるため要注意。冷えは代謝低下の大きな原因ですよ!

代謝を高める飲み方は?

必要な水分をしっかりと補給し、さらに代謝を高めてやせやすい状態へと整えるには、「常温」の水を「こまめに」飲むことが大切です。あまり運動をしない日でも、1日1リットル前後は補給が必要と言われています。

運動をしたり、発汗をしたりすればさらに必要になりますから、喉が乾く前に、コップ1杯の水をこまめに飲みましょう。

水は飲み方次第でダイエットの敵にも、味方にもなります。上手に飲んで。体内を活性化してくださいね!

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数