キャベツでリセットダイエット!食べ過ぎた翌日の食事は・・・ キャベツでリセットダイエット!食べ過ぎた翌日の食事は・・・
画像出典: fotolia

あちゃ〜食べ過ぎた!翌日は「キャベツ」でリセットダイエット!

2017年09月23日
昨日の飲み会は楽しかったけれど、絶対に食べ過ぎた……と、翌日になって前日の暴食を後悔してしまうこと、ありますよね。そんな場合は、内臓機能を活性化して、食べ過ぎたぶんのエネルギーを消費できるよに整えましょう。今回は、食べ過ぎた翌日のリセット作戦をご紹介します。

食べ過ぎは「キャベツ」でリセット!

甘みがあって、生でもおいしい「キャベツ」。噛みごたえがあり、よく噛んで食べることで食事の満足感をアップさせることができます。食事の最初にキャベツを食べることで、食べ過ぎの予防にも役立ちますよ

食べ過ぎのリセットに役立つのは、キャベツに含まれる「キャベジン」という成分。酷使した胃腸を修復・活性化するはたらきがあります。また、豊富に含まれる食物繊維には、腸内環境を整える効果が期待できます。

さらに、疲労回復に役立つビタミンCを摂取することもでき、疲れた体内を活性化するのにピッタリです。

キャベツ
画像出典: fotolia

手軽に「生で」

手でちぎってもOK。食べやすい大きさにカットして、バリバリとよく噛んで食べましょう。余分なカロリーを摂取してしまうため、ドレッシングは控えめに。ドレッシングをキャベツにかけるのではなく、キャベツをドレッシングにつけて食べると、より少ない量で味を楽しむことができますよ。塩昆布をざっくりと混ぜるのもおすすめです。

「スープ」で

暴飲暴食で胃がもたれている場合には、柔らかく煮込んだ温かいキャベツを。内臓を温めて代謝を高める効果も期待できます。コンソメスープやだし汁など、シンプルな味付けにしましょう。

人参や玉ねぎなど、他の野菜も一緒に摂取できるため、代謝を高めるビタミン・ミネラル類を豊富に摂取することが可能です。

キャベツのスープ
画像出典: fotolia

まずい!食べ過ぎた!そんなときは、キャベツの力で内臓機能を活性化。“溜め込まない”体質へと整えましょう。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数