冷え対策は今の時期から始めよう!下半身を冷やさないコツはお尻にあり 冷え対策は今の時期から始めよう!下半身を冷やさないコツはお尻にあり
画像出典: 美LAB.

下半身を冷やさない!毎日1分の「お尻のコリ」解消ストレッチ

2017年09月22日
こんにちは!マナヨガ代表yuukaです。夏が終わり、秋へと向かうこの時期に体調を崩す方も多く見られますが、体の冷えは大丈夫でしょうか?冷え対策はこの時期から行うのが大切です。特に下半身の冷えは慢性化しやすいので、しっかりとケアするにはまずはお尻から!あなたのお尻は暖かいですか?冷たいですか?

お尻の冷えは下半身に直結する

足が冷えてむくみがひどい。足の指先が冷たくて痛い。この時期は空調の気温設定が難しく、電車に乗ってもカフェなどのお店に入っても、寒くて肩や足先が冷えすぎることがあります。しかし、日中の外はまだまだ気温が高く、この温度差で冷え対策がおざなりになりがち。

秋や冬の寒さが安定する時期になれば、冷えないように防寒が自然にできますが、この時期に冷え対策をしている人は少ないのではないでしょうか?

足先が冷えている人は、靴下や、アンクルウォーマ、レッグウォーマーを使って冷え対策をしていると思います。特に首と名称がつく足首、手首、首を冷やさないようにするのは得策です。でもここでもう一つ、大切にしてほしい「温めポイント」を覚えてほしいと思います。

それはお尻お尻はコリます。そして冷えるのです。お尻を触って冷たいと感じる人は、足の冷え対策と同じくらい、今からお尻の冷え対策を始めましょう。

お尻の冷え
画像出典: fotolia

お尻のコリをストレッチして下半身を温める

お尻、足の付け根には大きな血管が走っています。お尻がコルと、この血管周りの筋肉がかたまったり、老廃物が溜まったりして流れを悪くしてしまいます。下半身に流れるこの大きな血管の巡りを妨げる要因を取り除いてあげることが大切。

まずは寝る前にじっくりストレッチの習慣をつけておきましょう。

【下半身の巡りを良くするお尻ストレッチ】

2.仰向けに寝た状態で、両ひざを立てます。

2.右膝の上に左の足首を乗せ、左足は外へ倒しておきましょう。

ストレッチ
画像出典: 美LAB.

3.両足を浮かせて、右膝を両手で掴みます。この時両足の間の空間に左手を差し込むと、膝を抱えやすくなります。

4.息を吐きながら、両足を胸に引き寄せていきます。

5.左のお尻が気持ち良く伸びる位置で30秒保ちましょう。

6.痛みが酷かったり、お尻がかたくて引き寄せづらいと感じたら、右膝で大きく円を描くように回します。左お尻がまんべんなくストレッチされていきます。

7.反対側も同様に行います。

ストレッチのイメージ
画像出典: 美LAB.

引き寄せるのが難しい時は、タオルやベルトを使って補助しましょう

お尻や足回りがかたい場合は、両足を胸に引き寄せるのが難しいでしょう。そんな時は、右膝にタオルやベルトを引っ掛けるようにして、両手で掴みます。これで胸に足が引き寄せやすくなるので、あとは気持ちがいいと感じるところを探しましょう。

毎日1分続けるだけで、少しずつお尻と足回りのコリが解れてくるでしょう。最初は痛くても、気持ちいいと感じるようになるはずです。

今日は冷えたなと思う日は、まずはお尻からほぐすこと。これを覚えておいてくださいね!もちろん、足先の冷え対策も大切ですよ!

執筆者:
yuuka

LINE@で美LAB.を

友だち追加数