エステティシャンが日々の生活でおこなう「ながら美容法」 エステティシャンが日々の生活でおこなう「ながら美容法」
画像出典: fotolia

エステティシャンが日々の生活でおこなう「ながら美容法」

2018年02月20日
朝はバタバタ、夜はグッタリとなかなかゆっくりと自分のための美容時間を割くことが出来ないという声もちらほら聞きます。でも、健康や美容に興味ないわけでもなく、むしろ気になる‥という方の方が多いです。今回はエステティシャンである筆者も意識しておこなっている「ながら美容法」を伝授したいと思います。

■朝と晩の歯磨きタイムはストレッチを

歯磨き中は意外にもできることがたくさん。伸びをしたり、腕を回して硬い体をほぐしたり、二の腕やヒップアップストレッチをおこないます。

壁に片手をつき、片足を持ち上げてヒップアップストレッチは特に効果的。

壁にまっすぐ背中をつけ肩を開いて背筋を伸ばすことで、ボーとした状態からどんどん目覚めたり、夜は日中ガチガチに緊張した体をほぐす意味にもなるのでオススメです。

朝と晩の歯磨きタイム
画像出典: fotolia

■メイクタイムはお腹をキュッと引き締める

筆者は立った状態でメイクをおこなうようにしています。爪先立ちで背伸びをしたり、下腹をグッと引き締めたり、ウエストを引き締めるように意識しています。

簡単なのと、立ち姿勢の時は特にお腹を引き締める習慣がつくのでオススメです。

■歩く時は大股ぎみに

歩く時は、少し大股ぎみに歩くように意識すること。姿勢を真っ直ぐ伸ばし、少し歩幅を開き、太ももの後ろやヒップを伸ばすように歩くことを意識します。

人が多くて出来ない場合は歩幅は小さくても、背筋を真っ直ぐ伸ばすことと、太ももの後ろを伸ばすことは意識しています。ダラダラ、ベタベタ歩くのはヒールを履いても、かっこいい姿勢でも決まらないもの!ヒップアップ効果にも。

歩く時は大股ぎみに
画像出典: fotolia

■座っている間も腹筋引き締め

電車の中やパソコン作業中も、極力腹筋を引き締めるように心がけましょう。

椅子には浅く腰掛け、姿勢を真っ直ぐし、腹筋をキュッと引き締めるように意識してみてくださいね。

■入浴中はパックやマッサージを

入浴の時間も有効に使います。

週に2回は角質除去のパックをおこなったり、他の日はオイルでお顔のマッサージをするなどお顔のケアをおこないます。お顔のケアが終わったら、コロコロマッサージグッズなどを使って脚やヒップ周りなどのマッサージも。

身体のストレッチやマッサージはこの時間におこないます。身体が温まっている状態なので血行も良くなりほぐれやすくなりますよ。

入浴中のマッサージ
画像出典: fotolia

■夜のシートマスク中に家事やストレッチやマッサージ

入浴後のスキンケアにはシートマスクを活用します。この5〜10分の間に家事をおこなったり、翌日の準備おおこなったり、ストレッチやマッサージをしたりする場合もあります。

このように、毎日の生活の中で出来ることはたくさんあります。

ストイックになる必要はありませんが、ちょっとした時間を有効的に使うことで運動不足の解消にもなり、ボディラインやお肌のコンディションのバランスを取ることができます。簡単にできるものばかりなので「ながら美容」を取り入れてみてはいかがですか?

執筆者:
寒川あゆみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数