冷えも便秘も改善!冬の脂肪燃焼ボディを叶える温活3つ 冷えも便秘も改善!冬の脂肪燃焼ボディを叶える温活3つ
画像出典: fotolia

冷えも便秘も改善!冬の脂肪燃焼ボディを叶える温活3つ

2017年02月06日
・いつも手先や指先が冷たい!・便秘がち・首や肩がこるこれらに全部当てはまり、「痩せられない!」「どんどん太っていく気がする…」そんな場合は、温活で代謝を高める必要があります。体液の流れが悪ければ老廃物は排出できませんし、代謝を高めるための栄養素を隅々まで運ぶことができません。体温が1℃で10%以上も代謝が変わると言われています。

冬は「肩甲骨」を温めよ!

冬場はより冷えやすく、体液循環が滞りやすい季節。そのため、全身のめぐりを整える効果が期待できる背中、特に「肩甲骨」の周りを積極的に温めましょう。

褐色脂肪細胞が集まっている肩甲骨周りを温めることで、内臓機能や脂肪燃焼効果を高める効果が期待できます。

今すぐ実践!肩甲骨周りを温める毎日の習慣

1:白湯を飲む
体内の水分を十分に保ってめぐりをよくするためには、水分補給が欠かせません。しかし、冷たい飲み物ばかりを飲んでいては冷える一方。お湯を水で割った「白湯」を飲んで、内側から身体を温めましょう。

食事では、温かいスープやホットドリンクを取り入れると良いでしょう。

白湯を飲む
画像出典: fotolia

2:ホッカイロを貼る
肩甲骨の間にホッカイロを貼ると、温められた血液が全身にめぐり、全身を温める効果が期待できます。お腹や腰は意識して温めても、背中のケアは考えていなかった!という方も多いのではないでしょうか。今日からは背中に1枚、ホッカイロを用意してくださいね。

3:湯船に浸かる・シャワーで首元を交代浴
お風呂の時間は、身体を温める絶好のチャンス!冬場は特に、湯船に浸かって芯から身体を温める習慣を作りましょう。

また、シャワーを首元(背中に流れるように)に当てて、冷たい・温かい水を交互に当てる交代浴もおすすめ。自律神経を刺激して血管を伸縮させ、代謝とめぐりの良い状態へと整える効果が期待できます。

シャワーで首元を交代浴
画像出典: fotolia

どれも今日から実践できる手軽なものばかり。ちょっとした温活が、体温や体液循環を整え、脂肪を燃焼しやすいやせ体質に導きます。まだまだ寒さは続くようですがから、できることから続けていってくださいね。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい