夏の冷えを撃退!食べ物で代謝を高めてメリハリボディを実現しよう 夏の冷えを撃退!食べ物で代謝を高めてメリハリボディを実現しよう
画像出典: fotolia

夏の冷えを撃退!食べ物で代謝を高め、メリハリボディに♡

2016年08月20日
夏は冷たい食べ物や飲み物を過剰に摂取することで、内臓冷えを起こしやすい季節。冷えは代謝を低下させ、太りやすい体質を招いてしまいます。体内を温める食材を上手に摂取して、代謝の良い痩せ体質へ整えましょう。

体内を温める食べ物3つ

1.  にんじん
冷えを改善させる野菜として有名なのがにんじん。にんじんに含まれる鉄分が血液の増産と血行促進を促します。にんじんの他には、豚肉や鶏肉、かぼちゃ、あさり、納豆などがおすすめです。

にんじんのイメージ
画像出典: fotolia

2.  ネギ
ネギには「硫化アリル」という代謝を高める成分が豊富。玉ねぎやニラも同様の効果が期待できます。食欲増進効果もあるため、夏バテで食欲がふるわないときにもぴったりです。

ネギのイメージ
画像出典: fotolia

3.  生姜
冷えの改善といえば「生姜」。生で食べると内臓を冷やしますが、加熱調理して食べることで体内を温めたり、血行を促進したりする効果が期待できます。すりつぶして炒め物に加えれば食事で摂取することができますし、紅茶に加えて生姜紅茶にすれば、飲み物として摂取することができますよ。

生姜のイメージ
画像出典: fotolia

夏は食べ物を工夫して代謝を高めよう

「暑いから」と冷たい清涼飲料水やアイスクリームを食べてばかりいませんか?冷たくて甘い食べ物の過剰摂取は、内臓を冷やしてはたらきを減退させるだけでなく、栄養バランスを脂質や糖質に偏らせて代謝を下げてしまいます。

特に、代謝を高めるビタミン・ミネラルや、新しい細胞の材料となるたんぱく質はしっかりと摂取するようにしましょう。ビタミン・ミネラルは野菜や果物に、たんぱく質は肉や魚、卵、乳製品、大豆製品に豊富です。ご紹介した体内を温める食材に加えて、バランスよく摂取してくださいね。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数