かたくなって前に張り出した太ももをどうにかしよう!!もも前ストレッチで張り出しをなかったことに! かたくなって前に張り出した太ももをどうにかしよう!!もも前ストレッチで張り出しをなかったことに!
画像出典: fotolia

かたくなった太ももの前張りをなかったことに!両足1分の「前ももストレッチ」

2018年07月07日
みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。鏡の前に横向きで立った時に太ももを見ると、太ももの前張りがありませんか?美脚になるための鍵を握っている太もも。今回は、ストレッチでかたく張り出した前ももを、柔らかくしていきます。

太ももを触ってみましょう

ストレッチやエクササイズをするのに一番大切なことが、どこをどうしたいのか、今どうなっているのかを確認することです。触って確認することで、自分の身体のここの筋肉がかたくてコリがある、冷えていて血流が悪いなどがわかりますよね?

自分の身体がどうなっているのか認識するだけで、そこに意識がむくので、ストレッチやエクササイズの効果が上がります。

そして、かたくなって冷えていたら、ゆっくりとしたストレッチやマッサージが必要なサインです。それでは、さっそくストレッチしてみましょう。

しっかり伸ばすけど呼吸がしっかり出来るところでキープ

1. 立て膝になり左足を前に出します。
2. 左の膝を深く曲げて、股関節やもも前が気持ちよく伸びているところまで、膝の角度や足の幅を調節します。

もも前ストレッチのイメージ
画像出典: 美LAB.

3. 後ろから右手で右の足を持ち、かかとをお尻まで近づけましょう。
4. 30秒キープ

もも前ストレッチのイメージ
画像出典: 美LAB.

5. ゆっくりと戻して反対も同じように行いましょう。

しっかり伸ばしますが、無理はしないで、呼吸がしっかりできるイタ気持ちいいところでキープ。ゆっくりと大きな呼吸を繰り返してください。(床についている膝が痛かったら、タオルなどを敷いてね)

▼動画でチェック!▼

動画を見ながら「太ももの前張りをなかったことにする両足1分ストレッチ」を実践してみましょう!

もも前ストレッチの効果

ストレッチをやってみると、後ろの足を持つだけでも、もも前がピーンとなって「キツイっ!!」と思ったかもしれませんが、それだけ筋肉がかたくなって縮こまっていた事になります。

ストレッチを続けることで、筋肉が柔らかくなり血流も良くなります。流れが良くなると、無駄なものが流れていくので、張り出した前ももが嘘のようになくなってきますよ。

そして、股関節の血流も良くなるので、ぽっこりお腹の解消もできちゃいます。1日に30秒ずつ、両足でも1分のストレッチを毎日の習慣にしてみてください。

執筆者:
KAORI

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい