爪揉みで代謝UP!オフィスでもできる、超簡単マッサージ法 爪揉みで代謝UP!オフィスでもできる、超簡単マッサージ法
画像出典: fotolia

爪揉みで代謝UP!オフィスでもできる、超簡単マッサージ法

2015年10月17日
オフィスで手先が冷たくなること、ありませんか?末端を冷やしたままにしておくと、体液循環が滞り、疲労や老廃物が溜まりっぱなしに。代謝も下がってしまいます。「指先が冷たいな」と感じたら、その場で指先をマッサージしてめぐりを良くしてしまいましょう。手指の爪揉みマッサージと代謝アップのコツをご紹介します。

手指の「爪揉み」で血行&代謝アップ!

指先まで温かくすることで、体液循環をスムーズにし、むくみにくく余計な脂肪を溜め込みにくい状態へと整えることが可能です。職場などでリンパマッサージをするわけにはいきませんが、爪まわりのマッサージなら、いつでもどこでも隙間時間にできちゃいます。とっても簡単で気持ち良いので、さっそく一緒にやってみましょう。

(1) 爪の下の部分(生え際)を指で抑え、こするようにマッサージする

画像出典: fotolia

(2) 爪の下の部分(生え際)を指で抑え、ぐーっと押す(5〜10回)

マッサージのイメージ
画像出典: fotolia

(3) 爪の両側を指で包むように抑え、押しながら揉む(5〜10回)

画像出典: fotolia

(1)〜(3)を、ゆっくりと深呼吸しながら全ての指におこないます。ぽかぽかと温まるまで繰り返しましょう。

リラックスして心地よさを楽しむことで、さらに効果がUP!

実は、ストレスも冷えや血行不良の原因の1つ。マッサージを“しなければならないこと”として無理やり生活習慣に取り込んでも、ストレスが溜まっては効果が実感できません。

せっかくマッサージするのなら、リラックスして心地よさを思いっきり実感しながら行いましょう。その方がずっと効果がアップしますよ。手先の冷えが気になるときだけでなく、お風呂上がりや寝る前前など、リラックスしながらゆったりと過ごせる時間に取り組んで、極上のマッサージタイムにしてください。

たくさん指先を触ることで、疲労が溜まった状態や循環がスムーズな状態に気づけるようになり、体調管理もしやすくなりますよ。指先の体液循環は、身体全体のはたらきや代謝を整える重要なポイント。爪揉みで癒されながら、血色の良い健康スリムを実現してくださいね。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数