夕食を遅く食べる人はプチミールで痩せよう! 夕食を遅く食べる人はプチミールで痩せよう!
画像出典: fotolia

夕食を遅く食べる人はプチミールで痩せよう!

2015年09月28日
夕食を遅くたべることは体によくないし、太りやすいことはわかっているけど、仕事が忙しくてつい10時、11時になってしまう。そんなことはありませんか?食べないようにしようと思っても、たっぷり食べて後悔してしまう人も多いものです。そんなあなたにおすすめの方法があります。夕方にちょっとしたプチミールを食べておくことで、夜遅い時間の夕食の食べすぎを防ぐことができます。今日はこの方法をご紹介したいとおもいます。それではさっそくいってみましょう。

プチミールって何?

プチミールはおかしではなく、ちょっと食べられるおにぎりやコンビニのおかず、簡単なサンドイッチなどのことをいいます。夕食を2回に分けると思ってください。

例えばおにぎりを夕方食べてお腹を満たし、おそい夕食でおかずと野菜を食べます。胃に負担がかからないので、朝もすっきり目覚めることができます。朝食も美味しく食べられます。これにより食事のバランスを整えることもできます。

おにぎりのイメージ
画像出典: fotolia

プチミールで遅い夕食の食べすぎを予防する

遅い夕食はたとえお腹がペコペコだとしても、たくさん食べれば太ってしまいます。翌日胃もたれや不快感でスッキリしないまま起きて、朝は食べられないということはありませんか?食べすぎだと睡眠も浅くなりますし、疲れも取れにくくなります。朝はお腹が減っていないので、ついつい朝を抜いてしまいます。これが太りやすい体質を作ってしまいます。これが「朝抜き型の肥満」といいます。

これを防いでくれるのがプチミールなのです。プチミールは夕食の食べすぎだけではなく、太る食生活からもさよならさせてくれます

サンドイッチのイメージ
画像出典: fotolia

プチミールを食べた後のおすすめ夕食

●鶏肉と野菜の煮込み
ニンジン、玉葱、インゲンなどを小さく切って、コンソメで煮ます。野菜が柔らかくなったら、細く切ったささみを入れて、一煮立ちしたら出来上がりです。ささみは煮すぎると固くなりますので、気をつけてください。

●ラタトューユ
お鍋に玉葱の輪切り、トマト、ナスの薄切り、ピーマンなど冷蔵庫にある野菜とコンソメとトマトの水煮缶をいれて、弱火で煮ます。野菜の水分だけで煮ていけば「ラタトューユ」ができあがります。豚のヒレを塩コショウで焼いてラタトューユを添えていただきます。

●豚肉と野菜のおなべ
和風だしを入れたお鍋に、白菜、ニンジン、春菊などをいれて野菜に火を通します。出来上がったら豚のしゃぶしゃぶ用のロース肉を入れて、色が変わって火が通ったらいただきます。好みでポン酢を入れても美味しく食べられます。

プチミールで食べすぎを予防して、ぽっこりお腹の解消や美しい肌を手に入れてくださいね。

執筆者:
岡野 ユミ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

ダイエットカテゴリから探す