頬杖をつきながら寝そべり、ネットをする女性 頬杖をつきながら寝そべり、ネットをする女性
画像出典:

無意識が要注意!「頬杖は老化のサイン」は本当!?

2017年05月23日

あなたは普段テレビを見ているときや、考え事をしているときに頬杖をついていませんか?頬杖をつかずにはいられないという場合、もしかしたらそれは老化が始まっているサインかもしれません。

まずはセルフチェック

まず、椅子に座った姿勢でもいいですし、床や座布団の上でもいいのでテーブルに向かって座ってみましょう。いきなり頬杖をつきたくなってしまう人は、ためしに頬杖をつかないよう意識してみてください。背中が辛くなるようだと、それはすでに背筋が衰えているサインかもしれません。

頬杖をついている姿勢を横から見ると?

頬杖をついている姿勢は自分では気付きませんが、他の人を見てみると猫背になっているのがよく分かると思います。背筋を伸ばしたまま頬杖をつくのは難しいので、必然的に猫背になります。猫背は背中だけでなく、首や腰にも負担をかけます。背筋が弱ってくると、結果的に他の部分にも負担をかけることになるのです。

頬杖をつかないようにするには?

長時間のデスクワークで疲れてきたり、考え事をしているとどうしても無意識に頬杖をついてしまいます。頰杖をしてしまわないためにも、机やテーブルに向かうときは少し椅子や座布団との距離を空けてみましょう。頬杖をつきたくてもつけない状態を作ってしまえば、頬杖防止につながります。また、普段もできるだけ背筋を伸ばすように意識してみましょう。美しい姿勢は見た目にも綺麗ですし、気持ちもパリッとして集中力が高まりますよ。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

LINE@で美LAB.を

友だち追加数